“戦う巫女さん 第三幕”

……今日のお昼はパンです。

……お弁当が買えなかったです。お昼の購買部は妖怪退治よりも過酷です。

あれー? 美羽ちゃん、どうしたー?

購買部でお弁当が買えなかったです……。なので今日はパンで我慢なのです。

だったらだったらー! 私がお弁当のおかず分けてあげるよー!

おー、本当ですか―。

ほんとほんと! ねー、誰かお弁当残す人いないー? えっ? 雨音ちゃん残すー?

……学校は楽園です。

……!!

(この気配は……妖怪です)

(智ちゃん、待ってるです!)

え、ちょ……ちょっと! 美羽ちゃんどこいくのー!

…………。

…………。

どうして学校に来てくれないんですか。

……それは……。

……私が悪いみたいな目で見てますね。そんなはずはありませんよね?

…………。

私はあなたのためになることだけしかやっていませんし。

それなのにどうして私を避けるんです?

…………私は……。

ギャアアアアアアア!!!!!

!!

な……なんなの、今の声?

(近くに妖怪が……どこ、どこにいるの?)

スッ

!? ……あ、浅香さんっ! 危ないっ!!

えっ……きゃああああ!! なに、これ!?

浅香さんっ! 逃げてっ!!

え、ええっ!? 智子さん、これはいったいなんなんです!!?

せ、説明は後でしますっ!

智ちゃん大丈夫ですか!?

み、美羽!?

よ、ようし! 美羽が来てくれれば安心ね! サポートは任せたわよ!

がってんです!

クマァァァァァ!!!!

(な、なんなの……智子さんに仲の良い人間なんているはずが……それにこの子……転校生の……)

(一体何をする気なの……あんな化け物に……)

(しかも何よ、あの美羽って子……智子さんとあんなに馴れ馴れしくして……年下の癖に生意気だわ)

行くわよ……ミコミラクル……

ちぇんじ……。

キイヤァァァァァ!!!!

昨日の奴とは違って、少しはやりそうね……覚悟しなさい!

(ぶっ……)

ふんっ……この程度? 次で終わらせてあげる。

ミコミラクル☆ショット!!

(ぶっ……)

ギャァァァァァ!!!!

今日の奴も楽勝だったわね。

智ちゃんは最強です。その調子で頼むです。

おー! まかせなさい!

……違う。

!?

智子さん……それ……

あ……ああ……浅香さん、逃げてなかったん……ですか……。

そんな……変な耳……脇丸出し……巫女……って……。

こ、これは……その……深いわけが……あって……。

違う! …… の ……さんは……そんなんじゃない……っ!!

……浅香さん、だから……これには……。

智ちゃん誰ですこの人? 知り合いですか?

あなた! あなたなのねっ! 智子さんをこんな風にしたのはっ!!

……? この服ですか? 確かに美羽の力でこうなってはいます。

やっぱり……あなたの趣味なんですね! 智子さんがこんな……こんなへんちくりんの子なんかに……!

よくわかりませんが……美羽はあなたに勝ったんですね? やっほー。

いやぁぁぁぁ!! 私は認めませんっ! 認めませんからねぇぇぇぇ!!

あ、浅香さんっ!

智ちゃん、あの人は誰です?

あの人はね……そう、お友達……だった人……。

……"だった"?

……うん……お友達……だったの……。

……智ちゃん?

…………。

(違う……)

(智子さんに合うのは絶対……)

(私の……)

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/09/20 00:58 Viewed 16 times

From Author

和の要素が全くない。

Comments

Login to Write your comment
ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) 転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫)