“戦う巫女さん 番外編その1”

……まだ妖怪が残っていたなんて……お母様の代で全部倒しきっていたはずなのに……。

私の先祖は、妖怪退治を行う巫女の家系だった。

お婆様もお母様も、妖怪を封じるための不思議な力を持っていた。

私もその力を受け継いでいる。

お婆様の代で妖怪はほとんど倒され、お母様の代で全滅したって聞いていたけど……。

生き残りがいたの。

お母様たちから聞いていたけど……いざ戦うとなると、怖かった……。

幸いにもその妖怪はあまり強い部類じゃなかったから、巫女の力を少し使うだけで倒せた……。

だけど、生き残っている妖怪がどのくらいいるのか分からない。

それに、今度はこんな簡単に行く相手じゃないかもしれない……。

美羽、そんな暗い顔して……不安になったのか。

ち、違うわよ……ちょっとお腹が空いただけ。

この子は……分かりやすく言うと、使い魔みたいな存在で、名前はみゅー。

私は普段、巫女の力をこの子に預けているの。

私の家系での巫女は、この子の様な使い魔に力を預かってもらって、いざという時に使用するの。

そうしないと余計な力を使ってしまって、上手く力をコントロールできなくなるの。

もうすぐ12時だ。お昼にしよう。

ちょっと! 毎回思うんだけど、なんであんたが仕切ってんのよ。

俺は美羽の保護者だからな。子供の面倒は親が見るものだ。

子ども扱いするなっ!

戦いのときには頼りになるんだけど、普段から偉そうなのが気に入らないのよね……。

ここにしよう。

だから仕切るな!

ガッシャーン!

!?

な、何……? 一体……。

揉めているようだな。トラブルに巻き込まれるのは避けるべきだ。別の場所にしよう。

だから仕切るなって……

ッ!!

危ない美羽ッ!!

ガッシャーン!!

んー、本体は楽そうだけど……厄介なのはあの変な方ね。

……だが、その本体もこちらの攻撃に気がついていた……。

そうは言っても、交わすことが出来ないなら意味はないわ。

な、何? この人たち……。

こいつら……妖怪だ!

えっ!?

それにあの赤髪の方は何なんだ……妖怪なのか……? 今までとは違うぞ!

特別な私に気が付いちゃうなんて……やっぱりこの子、凄いわ♪

お前……何者だ? 妖怪……ではないのか?

確かめてみる……? でも残念♪ 私に構ってる暇なんてないと思うんだけど……ほら♪

……ハッ!?

きゃぁっ!!

……弱いな、弱すぎる。

美羽ッ!!

……ほう、お前も一緒に戦うのか? ちょうどいい、少しはマシになるだろう。

美羽! 巫女の力をお前にッ!

分かったわ! 行くわよっ、みゅー!!

……こい。

ちょっとあんた、油断するんじゃないわよ。あいつら……美代子の娘ってこと覚えてる?

あんたがぼろ負けした相手だろ? 分かってるさ……。

そんな細かいこと覚えてるんじゃないわよ! 次は勝ったのよ!! いい? まけるんじゃないわよ!!!

……さて、うるさいのも消えた……それがお前の本当の力か……。

内に秘められしマナ達よ……その力を解き放ち、聖なる力を与えたまえ!

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/09/22 23:42 Viewed 11 times

From Author

ぷろろーぐよりも前のお話し。本編の設定水増し、及びキャラ増加を兼ねて。

Comments

Login to Write your comment
ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫) ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫)