“フリクション 2”

Ep.02 えんがちょ的な、あれ

とある朝、いつものようにHRが終わってからのことでした。

おい、今の聞いたかよ!?

ユキコってば、昨日歯を磨くの忘れたんだってよぉー!

わ、わざとじゃないもん!

昨日は歯を磨く前に、眠たくなっちゃって、それで・・・。

なに言い訳してんだよ!

歯磨きしないと、口くっさくなるんだからなー!近づくなよなー。喋るなよなー。

そ、そんなぁ・・・。

おい、みんなー!ユキコに近づいたら、口くっさいの感染るから気をつけろよー。

「まじかよ!?」「やっべー、ユキコ菌だ、ユキコ菌!」「ユキコに触られたらユキコ菌もらうぞ!」

わ、わたし・・・そんな菌、もってないもん・・・ッ!

クラスの男子たちはそろって、たった1回、歯磨きをし忘れたユキコを冷やかしていました。

他の周りの生徒たちは、何も言いませんでしたが、ただそれとなくユキコとは距離を置いて傍観するだけでした。

うっ・・・、ぐす・・・、うぅ・・・ッ!

ユキコの小さな嗚咽が、男子達の笑い声に混じって、教室の中に漏れ出しました。

ユキコは堪えきれなくなって、教室の外へ向かって駆け出そうとした時。

・・・ボクもさぁ、昨日歯磨きするの忘れたンダな。

え、マジで?熊猫もかよぉ! くっせー!今日はずっとしゃべんなよなーッ!

ボクの口の中・・・今まさに「熊猫菌」がうじゃうじゃ繁殖して、外に飛び出そうとしてるンダな。

気持ち悪ッ!あっちいけよ、熊猫!

「熊猫菌」はね・・・、「ユキコ菌」よりも、もっと性質が悪いの知ってる?

一度感染ったら、口がくさくなるだけにとどまらず、歯茎が弱って、最後には歯がボロボロ抜け出すンダな・・・。

その男子に向かって、ずんずん近づいていく熊猫くん。

ひ、ひぃ・・・ッ!

ほらほら・・・、お前らにも感染してやるンダな!

ぎゃーーーーッ、熊猫に触られたーーーッ!

男子の悲鳴を皮切りに、教室中は大パニック。逃げまどう生徒たち。

熊猫くんから始まった「熊猫菌の擦り付け合い」ゲームは、どんどん拡散してクラスから飛び出し、

最終的には、学校全体を巡る現象にまで大きくなってしまいました。

そして、事の発端となった熊猫くんは、先生に呼び出され、お説教を喰らうハメに。

ふぅ・・・。

く、熊猫くん・・・。

ユキコちゃん!

なんかゴメンね。私のせいで、熊猫くんまでみんなにヒドイこと言われちゃって・・・。

くんくん。

・・・・・・ッ!ちょっとッ、熊猫くん!?

・・・大丈夫なンダな。ユキコちゃん、全然口くさくないンダな。

熊猫くん・・・!

歯磨きって、けっこう面倒くさいンダな。1回2回サボっちゃうことだって、珍しくないンダな。

ありがとう・・・熊猫くん。私、これからは歯磨き、ぜったいに忘れないから!

それからしばらくして、「熊猫菌」の一件は事態の収束をたどり、皆の頭から忘れ去られたきた頃。

く、熊猫くん!?どうしたの、その顔!

熊猫くんは、どうやらホントに虫歯になってしまったようで、顔じゅうに包帯を巻いて登校してきました。

次からはぜったいに、歯磨きわすれない・・・。

涙ながらに、熊猫くんはそう胸に誓ったのでした。

続く。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2014/12/08 22:01 Viewed 4 times

Comments

Login to Write your comment
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫) 灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫) ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫)