“学生探偵J”

人の数だけ、事件がある────

ここは、凶悪な犯罪がはびこる街。

都会の闇にまぎれ、今日も罪なき人の血が流れる。

そんな事件を解決するのが、このオレ────学生探偵の役目なのさ。

学生探偵J ~ File.1994    「制服姿の依頼人」

街で襲われそうになっていた少女を助けたオレは────

その場から一目散に走り去り、どうにか事務所に逃げ込むことができた。

せまくるしいところで悪いな。

適当なところに座ってくれよ。 今、お茶を持ってくる。

・・・・・・。

彼女は無言だった。

かわいそうに────。

よほど怖い思いをしたに違いない。

待たせたな。 コーヒーでよかったか。

・・・はい。

多少は気分が落ち着いたか。

よかったら、さっきの連中のこと話してくれないか。

あの人たちは・・・。

彼女がぽつり、ぽつりと語りだす。

あの人たちは、学校で成績が下から2番目と、3から10番目ぐらいまでの人たちです。

えっと、つまり────。

成績の順位が下から数えて10番目ぐらいまでの連中、ってことかな?

そうです。

でも、最下位の人はあの中にはいません。

なるほど。 それでそんな、ややこしい説明になったわけだ。

聞いてもいいかな?

どうぞ・・・。

あの連中は、どうしてキミを襲おうとしてたんだ?

私が・・・。

成績が最下位の人に会おうとしてたからです。

キミがそいつ────成績が最下位のヤツに会うと、どうなるんだ?

その人は、必死で勉強すると思います。

なるほどな。 ・・・そういうことか!

最下位のヤツが勉強して、成績が上がれば連中の順位は下がる。

そういうことなんだろう?

はい・・・。

事件のあらましはわかったぜ。

だが、ひとつだけ腑に落ちないことがあるな。

連中はどうして、最下位のヤツを狙わないんだ?

Jさん・・・。

どうした?

これ、先生から預かってきたプリントです。

えっ・・・ちょっ!? こ、こんなにたくさん?

あと、お母さんから手紙も預かってきました。

か、母ちゃんから!?

Jヘ。 最近、学校にも行かずに探偵稼業に励んでいるようだけど────。

学校から、あなたの成績について連絡がありました。

待てよ! 勝手に読むなってば!

読めって言われたんです。 ごめんなさい。

Jさんの成績が上がらなかったら、お父さんもここに来るって言ってました。

マジかよ!?

本当です。

なんてこった・・・。

けどよ・・・オレは、やめるわけにはいかないんだ。

事件のせいで泣いている人がいるかぎり・・・。

じゃあ、Jさんの成績が最下位だって言いふらしますね。

なんでだよ!! そういうの、やめてくれよ!

・・・ごめんなさい。

あなたのご両親から、もう依頼料をもらっているんです。

マジかよ!?

本当です。

ここは、凶悪な犯罪がはびこる街。

都会の闇にまぎれ、今日も罪なき人の血が流れる。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/02/09 00:30 Viewed 5 times

From Author

都会の闇にうごめく悪。闇にまぎれて、罪なき人を傷つける陰謀に立ち向かえ────その名は、学生探偵J!!

Comments

Login to Write your comment
魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) 転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫) ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫)