“IS(インフェルニティ・ストライク)3”

これまでのインフェルニティストライクは!  まだ本編にも入ってないよ

それでは、君にこれからのミッションに多大な影響を及ぼす重大機密の開示を行う。これら全てを頭に叩き込ん欲しい。

メタ的な意味でも、これからの内容は本元のISとの相違点にもなりうるからな。

了解しました

まず一点目。苦難と多大なる我らが構成員の血と汗によって、男でも乗れるISの製造に成功した……厳密には、ISが女しか乗れない秘密を解明した

!?

君も知っての通り、ISは女性専用のユニットであり、この要素こそが今の社会を歪める根源とも言えるべき要素だ。

男か、女か、ISに乗れるか、乗れないか。で大きな溝が生まれてしまう。我々はこの問題を解消するために、一機の量産型ISを入手した。

量産型とは言っても、500もない機体の内の一機だ。これを私物化するために払った犠牲は想像に難くないだろう。

そして数年に渡る研究の末、ついに我々はISが「女性専用」たらしめる要素を解明したのだ。

して、その要素とは?

ISの基本知識は君にも勉強してもらっているな。そしてISには生物めいた意思があるという事も

ピンチの時に出てきて助けてくれたり、卍解(覚醒)するのに重要そうな要素のアレですね

うむ。そもそも、ISには自己進化というデビルガンダムめいた能力がある事からも、その機能が凝縮されたコアに原因がある事だけは周知の技術だった

解体し、より突っ込んだ調査をすれば分かるかもしれない。しかし、限られた数のコアに対して、誰がそのような事ができようか……

しかし、我々はついに突き止めた。そして、そこには驚愕の真実が眠っていたのだ。

まさか、ISのコアは人の魂が入っているんじゃ! そして俺の愛用機には母さんの魂が!

それはエヴァだろうが! 確かに我々はなんかゼーレっぽい雰囲気出してるが、答えとも当たらずとも遠からずだが! それはちがーう!

では?

エヴァに例えたのは決して間違いではない。だが、コアに入ってるのは本物の魂じゃない。いわば造り物。ダミープラグのようなものか。

あのISを作り上げた狂気の天才にして全ての元凶。篠塚纏が創りだしたコアは、ニセモノの魂を内包する、擬似生命体めいた物なのだ。

まあ、そこらへんは大体想像はついてましたよ。そうでもないと自己進化とか、内なるISの意思とか難しいでしょうし

うんむ。そして、肝心のISが女しか乗せない原因だが、あっけないものだよ。

ニセモノの魂といえば大それた存在だが、所詮創造主にプログラムされた仮初の意思にすぎない。つまり、基本設定は全てあの女の設計によるものだ。

そして、そこには男性因子に対しては強制排除を行うよう設計されていた。その改竄は我らの技術を持ってしても不可能だったが、封印は可能だった。

だからハッキリ言うと、君に渡すISは「誰でも乗れる」乗り手を選定する類の設定を全て封印したからな。体型が合えばゴリラでも乗れるだろう

故に君にミッションを課す上での前提条件だ。これから渡す君の専用ISを「決して奪われるな」君は便宜上史上初の男ISパイロットとなる。

奪われる可能性は大いにあるからな。

了解です。

よし、それでは君に渡そう。メダロッチみたいな形をしているが、この腕時計端末めいたものが、君のIS……

無限の煉獄を断つ者「インフェルニティ・スレイヤー」待機形態だ

ついに与えられたスプリング1の専用IS!「インフェルニティ・スレイヤー」! そして、彼に与えられる任務の内容とは!

次回に続く!

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/04/22 22:44 Viewed 56 times

From Author

まだ完全オリジナル展開プロローグです

Comments

Login to Write your comment
転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫) 灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫)