『フリクション 6』

Ep.06 寒い日にはかじかんだ手を

寒ィ・・・人多ィ・・・帰リタィ・・・。

今更ここまで来てなに言ってるのよ、猫熊くん?

あ、今更だけど、あけおめ!

あけおめ・・・。っていうか、俺たち何しにここに来たンダっけ?

決まってるじゃん。

猫熊くんが、試験当日に失敗しないように願掛けしにきたんだよ?

あれ、そうだったっけ・・・?勉強やり過ぎて、逆になんのために勉強してるのかすら憶えてないカンジだったわ。

もう、しっかりしてよ~っ。猫熊くん受験生なんだよ!?

っていうかさ、ユキコ。俺の合格を願ってくれるのはうれしいけどさ、

せっかくなンダから、自分のお願いしろよ。

私のお願いは、猫熊くんが志望の大学に合格できること。ホントにそれだけなんだから。

まったく、相変わらずお人好しが過ぎるぜ・・・。

そういや、猫熊くん。さっき売店でね、こんなの買っちゃった!

・・・合格消しゴムぅ?

使い切れば志望先合格間違いなし、だってさ。御利益ありそうじゃない?

うさんくせぇ・・・。たかが消しゴムだぜ?

ゲン担ぎのつもりだと思ってさ、ほら、おひとつどーぞ。

・・・こんなの試験中に使ってるの見られたら、恥ずかしいだろ。

ま、いいや。サンキューな。

うん。試験、頑張ってね。

あ、そうそう。もうひとつ、プレゼントがあるんだよ。(ごそごそ)

はい、コレ!

これ・・・手袋?

いやなに・・・、かじかんだ手じゃあさ、鉛筆うまく握れないんじゃないかなーって思ってさー。

そんときゃ、転がすからいいよ。

ちょっ・・・、猫熊くん!?

冗談だって。ははは。

もうバカ・・・ちょっと本気にしちゃったじゃない。

・・・ユキコ。

俺・・・今年こそさ、絶対にお前と同じ大学に合格するから。

・・・うん、待ってる。

・・・・・・。

・・・今思い出したんだけど、今年猫熊くんから届いた年賀状・・・。

あれ、文面の字が幾つか間違ってたんだけど・・・。

・・・・・・。

・・・、な、なんくるないさぁ~・・・。

お願い、現実逃避しないで。

そんなこんなで、とうとう運命の日がやってきた。

「それでは、試験はじめ!」

・・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・ふぅ。

試験終了後。

俺のペンケースから、ユキコからもらったあの合格消しゴムは姿を消した。

残ったのは、大量の消しカスと、そして・・・。

続く。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
キーボード操作
  • J 次のページ
  • K 前のページ
  • [ 最初のページ
  • ] 最後のページ
  • E フキダシのモーションON/OFF
  • 0 自動ページ送りOFF
  • 1 自動ページ送り (おそい)
  • 2 自動ページ送り (ふつう)
  • 3 自動ページ送り (はやい)
  • P 自動ページ送りの停止/再開
  • ? キーボード操作の表示
もう一度みる
他の作品をみる
公開日 2014/12/27 20:59 再生回数 5

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く…
この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫) 灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫)