“とある革命家の追憶”

・・・フラれた・・・

・・・と、申されましても。

あんなに仲良くしてたのに・・・ いざ覚悟を決めて告白したら・・・

ごめんね。私、好きな人がいるの。 でも、これからもお友達でいようね

・・・辛いな、それは。

一生懸命連絡したり、食事に誘ったりいたのに・・・もうやだ

まぁ落ち込むのはわかるがあんまりクヨクヨしてても始まらねぇからな。

・・・うん。ちょっとした昔話でもしてやるよ。それでも聞いて気分を変えな

とある男がいてな。そいつぁーまだ中学2年だったかな

とにかく馬鹿騒ぎが好きなやつでよぉ、休み時間は愉快な仲間たちとふざけてたねぇ

~~先生、マンセーwwwwwwwwwwww

マンセーwwwwwwwワハハハwwwww

そんな風にただひたすら羽目を外す毎日だったけど・・・

とーもーだち!!とーもーだち!! ワハハハハハハwwwww

らんらんるぅーwwwwwwwww

まぁ集まる人間は皆、俗に言う"オタク"だったよ。しまいにゃ給食の放送でアニソン流す始末だ。

で,色々あって,学校に革命を起こそうと思ったみたいでな。 生徒会役員に立候補したんだ

・・・なのです!個人の思想を尊重し,お互いを中傷しないことが、この学校で楽しく暮らせる要素の一つなのです!!

で、めでたく当選したわけだけどよ。 とにかく女子の風当たりが強いこと強いこと。

や,公約達成のために会長になりたいんだが…

・・・うっさいなぁ黙れよ。

何で会長になりたいの? いいじゃんあんたは書記で。

あたしらのほうが1年経験は上なんだよ?

(クソ なんだこいつら腹立つな・・・入るんじゃなかった)

結局書記に落ち着いちまったワケだ。革命とか言ってたけどなんも出来ねぇままだった。まぁ、学校なんてそんなもんだけど

で、仕事してるうちに3年生に。 受験も忙しくなってくる頃合いだな

あいら~ぶゆ~♪いま~だ~けは~

かな~し~いうた~…

あ!今ハモったよ!シンクロだよ!!

(…可愛いな…  ……!?)

(…え?これってまさか… いや、まさか俺に限って…)

あるいは…

ほらー私くまさん描けるよー

なにこれーくまじゃないじゃーん!!

えーかわいいじゃーん!!

そして極めつけにして最後の一撃は強烈だった。文化祭当日,ヒーローに扮しステージ演者にインタビューする予定だったが…

見て!シルバーになりたいって言ってたからコレ作ってみたの!シルバーじゃないけど,レインボーってどう?

これは…!! 一人でこんなの作ったのか?

そうよ,結局朝の4時になっちゃって…

そうか,ありがとう…ありがとうな…

文化祭の時点でメロメロ,恋愛経験皆無の悲しき男はコロッと堕ちたってわけよ。

でもよぉ、腹が決まったところで告白はしなかったんだ。何故だかわかるか?

ガチ恋するより前に遡ること数ヶ月,こんな噂が流れていた。

・・・ねぇねぇ、会長って別れたらしいよ!

マジで~!? なんかあったのかなぁーww

(ふーん、あいつがねぇ)

役員のなる前から彼氏持ちだって知ってはいたし、破局と聞いたときは好きでもなく何とも思わなかったワケだが…

その元彼ってのが親愛なる友人だったってワケだ。

・・・ちょっとしばらく会長と話したくねぇ。

あ、まじか。 なんかこの間は若干落ち込んでたような・・・

ともあれ,破局から少し経ったとは言え,友人の昔の女を取ること,あるいは傷心の彼女に告白するなんて度胸はなかったんだろうな。

しかし考えた末にようやく,とうとう,文化祭の打ち上げで訪れた遊園地にて告白を決意したわけだが…

えー!?乗りたい乗りたいー! いいじゃん二人で行ってくるからさー!

そうだよーそれぞれが乗りたいもの乗ればいいだろー?俺ら会長と乗ってくるからよ

えーわたし会長ちゃんとこれ乗りたいの~

(空気読めよ・・・)

結局、その時居た4人全員で最後になんかに乗って帰ったんだ。もちろん告白なんて出来る状況じゃなかった。

今思えば会長も何かを察したのか,もう一人もそれを察したのか…今,それを知る術はないだろうな

結局、卒業しちまったのか はぁ・・・

とうとう何もアクションなく、中学校が終わったよ。

それから2ヶ月,時は5月。卒業からメール交換をし,直に会う機会を探ったものの軒並みアウト。苦渋の決断として取った行動は…

・・・(ピ、ピ、ピピ・・・プルルル)

あ、もしもーし

あーすまん、わざわざ電話しちまってw

ぜんぜん大丈夫だよー? でもどしたの?

あぁ、ちょっと直接言いたいことがあってな。

その・・・実は、会長ちゃんが好きだった!だから・・・ 付き合って欲しい!

えっ・・・ ・・・ごめんね。今好きな人がいるの。

・・・そうか。わかった! ゴメンなこんな事で電話して!

ううん!ほんとにごめんね! また中学の文化祭とか一緒に行こうね?ね?

あぁ、もちろんだ!! (ガチャッ・・・)

・・・ちくしょう・・・

ちくしょおおおーーーーーーーーーーーーー!!!!

話はこれで終わり。その後ちょくちょく会ってたけど、いつの間にか連絡さえ取らなくなったっつーわけよ。

・・・そっか・・・ なんだか切ないね。色々と

そうだろ?そいつぁー誰とは言わねぇが、結局腹をくくれねぇままタイミングを逃したってぇわけさ。その行く末は・・・

(ナデナデ・・・)

おい見たかお前ら!?なんだよあれ!!? リア充爆発しろ!!

ちくしょう・・・ ちくしょおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

・・・まぁ彼女もなく過ごしてるよ、今は。

想像に容易いのは気のせい…?

…まぁ,ご想像にお任せするよ

とにかく、お前はそんなチキン野郎とは違って、思い立ったら直ぐに行動に移したじゃァないか。誇りに思いな

…うん!話をしたら楽になった気がするよ,ありがとう!

・・・

・・・元気にしてるかな、あいつ。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/01/01 23:09 Viewed 62 times

From Author

若かりし頃を他人ごとのように語る厨二要素たっぷり(嘘)なストーリー。どうでもいいけど青い服のロリっ子可愛い。あと追憶以外は全部フィクション

Comments

Login to Write your comment
ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)