“【リレー小説2】クリスマス・パニック 1”

クリスマスは今年もやってくる

そこらかしこで聞こえる笑い声

そんな時期である12月初頭 とある部屋から聞こえるは・・・・

クリスマスに男だけとか 虚しいんじゃボゲェー!

悲痛な叫びだった

こんななりでそのしゃべり方は ひくわ~とか・・・・ うまれつきや!

まったく・・・・ ああ、さぶ・・・・

『ガチャ』

おやおや、また叫んでたのかい? 虚しくないかな?

む、虚しくなんかないわい!

って、薫か。 また無言で入ってきおってからに。 んで、今日は何や

なに、何時もの様に食事を作ってきてやったぞ。 ほれ

おっ、貧乏一人暮らしには ありがたいわ。 いつもありがとうな

なぁに。気にすることはない。 我々の中じゃないか

いやぁ、いつも掃除までしてもろて ありがたいしなぁ~

あなたはここまで見て思っただろう

この緑頭でこの物語の主人公 緑泉 巧は鈍感な男であり

この甲斐甲斐しく世話をしてくれる 森傍 薫の恋心に気が付いていない

だれもがそう思うのだろうが 冒頭の彼の叫びを思い出してほしい

そう・・・・

まぁ、話し吹き返すけどやで・・・・

男だけのクリスマスってのは 虚しいわなぁ、薫

そう・・・・ 甲斐甲斐しく世話をしてくれる 眼鏡美少女、ヒロインに相応しい

『だが男だ!』

お前が趣味とかじゃなくてホンマもんの女やったらよかったのになぁ~

ま、そういうな・・・・ あと別に趣味ではない。 うちの家系でだな・・・・

もうその話はええねん。 中学の時に聞いたわ

まぁ、幼馴染みたいなもんだしな

まぁ、それはさておき。 今年はむなしくなくてすむやもしれんぞ

ほぇ? 何や?

何と、クリスマスへ向けての 合同コンパ。 つまり合コンをする!

ご、合コンやて!? は、初めてやで! 正装していかな!

ん? 何もそこまで大げさな 私はいつも通りこの格好で行く予定だ

勘違いされても知らんで~♪ いや~ていうか合コンとか 突然なんやね~

ん? ああ、バイトの先輩がな 人数が足りないとのことでな

ほぉほぉ・・・・ で日時は?

明後日だ。 運命の出会いがあるやもしれんぞ

おお、トレビアーン。 ワンダフルで、レッツパーリィ

君はテンションが上がるといつもわけのわからないことを言うなぁ~

ま、私も趣味の合う女性が 見つかるやもしれぬと思うと 心躍るものがあるがな

おぅ、イェス! レッツパーリィ!

そして、明後日

・・・・君さ。 浮くってことを考えてないのかい?

え? 何が? 自分完璧やん。 ところで女性メンバーまだ?

ん~とことん君だね。 ぶれないのは素晴らしいのか否か

まぁ、少し早めについてしまったようだからな。 もうすぐ来るだろう

『コンコン』

お、噂をすればなんとやらだぞ

おうおう。 いらっしゃい女性陣!

『カチャ』

なんや・・・・バイト先のせんぱ・・・・

ほえっ!?

あ、どうもなのですよ~ 私は狐巫女星からやってきた 『姫 葉子』なのです!

ほぇ?

この不思議系少女との出会いは これから始まる愛あり笑いありの ラブコメディの序章にすぎない

さあ、クリスマスへ向けた ラブコメディが今始まる!

次回に続け!

次回はいつかの天魔の智也さん よろしくお願いします!

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/12/18 01:25 Viewed 47 times

From Author

リレー小説第2回! 私が始めさせていただきます! まぁ始まりなのでこんな感じいいかなと思いこのようになりまして。結構二転三転ありましたが・・・・さて、どうなる次回!→http://www.kimip.net/play/FmaDY

Comments

Login to Write your comment
この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)