“トイレの上様”

ゴロゴロゴロ……!

やばい…! お腹の調子が…ッ!?

どこかにトイレ無いかな…。

……。

…仕方ない。この学校のトイレ借りるか…。

誰もいない…。

今日は土曜日だったのが、不幸中の幸いだったな…。

もし、生徒に見つかったら、不審者として警察に突き出されるからな…。

さっさと済ませて、ここを出ていこう。

…にしても、トイレはどこにあるんだ…?

ゴロゴロゴロ……!

このままじゃ…、う…ッ!

…やっと見つけたぞ、この野郎…っ!

どれだけお前の事を捜してしたと思って…。

ゴロゴロゴロ……!

…いかん。限界だ。

タッタッタッタ…!

キィ……。バタンッ!!

ふぅ…。間に合って良かった…。

……。

トイレに必死だったから、気づかなかったが…。

このトイレ…、何だか薄気味悪いなぁ…。

何だか幽霊でも出そうな…。

カツ…、カツ…。

誰かの、足音…ッ?

今日は土曜だから、学校には誰もいないはず…。

まさか…、幽霊ッ?!

カッ…。カッ…。カッ…。

俺の入っている個室に近づいてる…ッ?!

カッ…。

…俺の個室の前で、足音が止んだ…ッ?!

く…来るなら…、…来いッ!!!

…。

や…、やっぱり怖いよォォォ!!!

コン…。コン…。

ひィッ!!?

か…、勝手に学校に忍びこんで…、…ごめんなさぁいッ!!

…。

うえさま…。うえさま…。

…ッ?!

うえ…、さま…?

うえさま…。うえさま…。

いらっしゃいましたら、ドアを3回ノックしてください。

…へっ?

…。

ほらぁ、やっぱりィ!

トイレの上様なんて、いないじゃないの!

いるよ!

いるんだったら、いるのッ!!

やっちゃんのやり方が下手なだけだよッ!

そもそも、トイレの上様って何なのよ? 神様じゃないの?

……。

まう、わかんない☆

…私、帰っていいかなぁ?

こんな下らないことに付き合ってられないんだけど…。

ちょ…ッ!?

ちょっと待ってよォ…。

…あッ! トイレの上様はねッ! どんな質問にでも2択で答えてくれる…、

お化けなんだよッ!

(この子…、今考えたわね)

…都市伝説みたいなもの?

…そっ、そゆこと!

YESならノックを1回、NOならノックを2回してくれるんだよッ!

さっきは、たまたま上様が不在だっただけで…。

じゃ…、じゃあさ! 次、あたしがやるから!

やっちゃんは、まうの後ろで見ててッ!

(この子は、どうして嘘の都市伝説をでっちあげてまで、私をこんな所に……。)

(…、まさかッ!?)

(…ドッキリね。

そういえば、今日は私の誕生日…ッ!

だから私にサプライズパーティを仕掛けようと、こんな所に連れてきたんだわ…!

…ノってあげましょう。)

お願いだから、まうを一人にしないでよ…。

……。

…あと一回だけよ。

やったあッ☆

(どのようにして、私を驚かせてくれるのか…、楽しみだわ…ッ)

…何だか、よくわからないが、

要するに、彼女らは「トイレの上様」という都市伝説を検証しに、ここへやってきた訳か…。

下手に反応したら、変質者として通報されかねない…。

彼女達には悪いが、ここはだんまりを決め込もう。

……。

じゃ、じゃあ…、やるね?

コン…。コン…。

うえさま…、うえさま…。

いましたら、ドアを3回ノックしてください。

(個室の中に、バースデーケーキとプレゼントを持った人が待機してるのね?

あなたの考えてることが、手に取るようにわかるわ…ッ!)

コン…。コン…。

……。

コン…。コン…。

(ごめんよ…、ごめんよ…)

……。

…いないねぇ。

そのようね…。

(何やってんの? 中の人、早く応答しなさいよ…ッ?!)

…帰ろっか。

…えっ?!

それじゃ、私へのサプ…、

…も、もう1回やってみない?

もしかしたら、待ちくたびれて寝…、次こそは現れるかもよ?!

…もういいよ。

やっぱり、都市伝説は…、所詮都市伝説だよね…。

やっちゃん、ごめんねぇ。土曜日なのにこんな所に連れてきちゃって…。

ト…、トイレの上様は絶対いるって! だから帰るだなんて言わないで?

(うわ、ホントに帰りやがった)

私の誕生日プレゼントは、どうなるの!?

ヴィトンのバッグは?!

……。

やっと帰ったか…。

ドンドンドン!!!

な…、何だぁ?!

ちょっとォ!

誰か入ってるのはわかってんのよォ!?

き…、気づかれてるッ?!

早く(プレゼント持って)出てきなさいよォ!!

…どうする俺? ここで出て行ったら、間違いなく変質者として通報される…ッ!

…そうだ!

こうなったら、トイレの上様に成りすましてやろう!

適当に相手してたら、向こうが飽きて帰っていくだろう…。

ドアを叩いて答えればいい訳だし、声を発さなくていいから、絶対バレない!

ちょっとォ! 聞いてるの?!

確か…、最初は3回だったよな…?

ドン…。ドン…。ドン…。

…こんな感じか?

…ドン。…ドン。…ドン。

…ッ!?

(やっとノックしたわね? この薄鈍ッ!

…ということは、まうが帰ったのもシナリオ通り?

私としたことが…、ちょっとヒヤヒヤしちゃったじゃない。

…まぁ、いいわ。

ヴィトンの為なら…、こういう茶番に付き合ってあげてもいいわッ!)

こうして、色んな思惑が渦巻くトイレで…

闘いの火蓋が切られたのだ…ッ!

続く。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/09/29 00:04 Viewed 84 times

From Author

初投稿です。ライブ感で書きました。無駄に続きます。

Comments

Login to Write your comment
転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫) この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)