“最近、うちの妹は睡眠不足で目が赤い。”

皆さん、こんにちは!

私は、この世界を救うヒーローです。

今、この世界を自分の掌中に収めようと企む悪の軍団のボスと対峙している最中です。

あなたの陰謀ももはやこれまでよ、 サイアくん!

あなたが犯してきた数々の悪行、このブライトネス・バンビーナの目の黒いうちは見逃さない!

今ここで命を持って清算しなさい!

・・・ククク、どうやら君たちは私の目指す理想郷の素晴らしさを理解できていないようだね?

そんなの知ったこっちゃないわ!

・・・全国のユニ●ロにオシャレなよだれかけが陳列される・・・。

よだれかけユーザーである全世界のお地蔵様にとって、誰もが涙を流して喜ぶ事態だと思うがね。

なにがよだれかけよ!

西●屋で我慢しなさいよ!

私こそ正義だ!何も間違っちゃいない!

貴様らヒーローはいつもそうだ!異端者を悪扱いするその穿った考え方こそが悪なのだ!

問答無用、なのよ!

・・・ならばもはや言葉は必要ない。かかってこい!ブライトネス・バンビーノ!

あっ、ちょっと待って。

今って、何時くらいだろ?

・・・リアル時間なら、もう7時前くらいかな?

ごめんね。私もう戻らなきゃ。

この続きは、また後で!

えーっ、せっかく盛り上がってきたところなのに・・・。

まぁ仕方ないか。

じゃ、ちょっと落ちるね~。

いってら~ノシ

・・・・・・。

ふぅ・・・。

う~ん、やっぱりオンラインゲームは楽しいね!

時間なんて概念をすっかり忘れてしまうくらい熱中してしまう!

やめられないとまらない、だね!

世界を守るためにたくさん戦ったから、お腹が減りました。

朝ごはんに行きましょう。

おはよーっ。

おはよう妹。

お前、最近夜遅くまで起きているらしいじゃないか。

夜更かしはお肌の大敵。少しは乙女らしさを身につけてだな・・・。

兄ちゃんだって、夜遅くまで頑張ってたじゃんか・・・。

ヘッドフォンも突き抜けて、だだ漏れだったよ。兄ちゃんの部屋からのあらゆる音が・・・。

・・・・・・。

・・・あぁ、すまない。やっぱりお前の部屋まで漏れていたか。

昨日はとくに興奮していたからな。迷惑をかけたな。

・・・生放送だっけ?兄ちゃんの作ったRPGゲームを自らプレイするってやつ。

そうそう。俺の放送の見どころは、何と言ってもリアルタイムデバックだからね!

プレイ中にバグが発生して一時中断、その場でバグに対処して試行錯誤するっていうのが売りなんだ。

昨日なんて、洞窟に入った瞬間、今まで蓄積してきた経験値が全部クリアされるっていう深刻なバグに直面してね。

結局放送中にバグが解明できなかったから、リスナーの皆には僕の裸踊りで勘弁してもらったんだよ。

まぁ、兄ちゃんが夜中に何を騒ごうとも、興味無いですがね。

そういや、お母さんは?今日まだ顔見てないんだけど。

母さんなら、ほら。

いつものように、文化包丁持ってトイレに引き籠ってるよ。

・・・・・・。

いつも思うんだけど、あの行動の意図がまるで掴み切れないんだけど。

多分、俺らが日中パソコン触ってて、母さんのことを蔑ろにしてたから、拗ねちゃったんだと思う。

ふーん、いわゆる現代病ってやつだね。

そう導いたのは、十中八九俺たちのせいだろうけどね。

あ、そろそろ、行かないと。

お、珍しく学校に行くのか?

世界を守りに!

ネトゲジャンキー乙です。

2人とも、いい加減学校に・・・家の外に出て欲しいです。

母さんはまずトイレから出てきてくれ!俺、そろそろ限界が近い・・・ッ!

END

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/11/06 15:49 Viewed 17 times

Comments

Login to Write your comment
この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)