“ハロウィン with 女子トーク”

もうすぐクリスマスだね?

この西洋かぶれが。クリスマスの前にもっと大事なイベントがあるでしょう?

えー、なんだっけ?

ハロウィンに決まってるじゃない。お菓子がタダで手に入る乙女の祝祭よ?この日を押さえてなくてどうするの?

お前も十分なくらいに、西洋にかぶれてるよ。

でも、お菓子がタダで入るってのは、乙女として見過ごせないね。

お菓子がたんまり手に入る、魔法の言葉をご存知かしら?

知ってる知ってる!あれでしょ!?

きゃーっ、この人痴漢です!!

・・・・・・お菓子だけじゃなくて、お金もせびれそうな大変危険なワードね。

お菓子をくれたお返しに、おじさんにはケーキ(刑期)をあげましょう、なーんて、ふふふ。

・・・・・・かなちゃん、なんかそれ常習犯の口ぶりみたいだよ?

冗談はさておき。 答えは「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」。

意味はさっぱりだれど、こんな言葉1つでお菓子をふんだくれるなんて、世の中甘いわね。お菓子だけに。

ホント、おかしな世界だよね。お菓子だけに。

・・・・・・。

・・・・・・ところで、もう皆にお菓子はおねだりしたのかしら?

う~ん、いざ実践しようとしても、やっぱり恥ずかしいところはあるよ。

いくら英語で卑しさを誤魔化してるっていっても、所詮やってることは単なる物乞いだしね。

そういや、知ってる?ハロウィンにまつわる、悲しい話。

ようやく場が温まってきたっていうのに、今それを投入するの?あんたも好きねぇ~。

昔むかし、あるところにジェニファー(以下ジェン)という大変かわいらしい女の子がいました。

勝手にはじめやがったよこの女。

ジェンは、とってもスイーツが大好きで、おやつの時間以外も母親に隠れてこっそりお菓子を食べていました。

ある日、隠れてお菓子を食べていることがバレて、母親はジェンを叱りつけました。

「あんまりお菓子ばかり食べてると、血中糖度が異常値をきたして頭がおかしくなるわよ!」

保険証をひらひらと見せつけながら、母親はそうジェンを脅しました。

反省したジェンは、頑張ってお菓子を食べるのを我慢することにしました。

しかし、寝ても覚めても考えることはお菓子のことばかり・・・・・・。

ある日、とうとう耐えられなくなったジェンは、母親にすがりながらお菓子を乞いました。

当然、母親はそれを拒絶し、ジェンをなだめました。

ですが、ジェンは恐ろしいくらいに虚ろな目をしながら、こう迫ってくるのです。

「私は頭なんておかしくない」

「私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない」

あまりの娘の勢いに圧倒された母親は、ついに戸棚のクッキーをあげてしまいます。

それをガツガツと食べるジェンの姿は、まるで獣のような姿を彷彿とさせたといいます。

あっという間にクッキーを平らげたジェンは、再び母親にこう言います。

「私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない私は頭なんておかしくない」

ついに、ジェンは精神病院へ強制入院させられました。

こうして、ジェンは退院するまで、一切のお菓子を食べることを許されませんでした。ダヤマァダヤマァ。

・・・・・・。

悲しいというか、こええよ!!

ふふふ、それにしてもジェンって女の子はバカよね。すっかりお菓子の魔力に魅入られちゃって。

お菓子は食べてもいいけど、逆にお菓子には食われてはいけないっていう、非常に身になるお話だったわね。

でも、頭がおかしいって思われてもいいから、たくさんお菓子が欲しいっていう姿勢、

スイーツ顧問として、尊敬に値するわ。

あぁ、そうなんだ(無関心)。

さて、他人にタダでお菓子をせびる馴れ馴れしさの欠片もない私たちは、正当な手段でスイーツを楽しみましょう。

こちらに、ケーキバイキングの無料招待券がございます。

へぇ、そうなんだ(興味の大洪水)。

それって、駅前の高級スイーツ店のだよね?そんなの、よく手に入ったね?

佐藤先生に頂いたの。

近年の在来線の車内における、とある一教師の女子学生に対する、公開教育的指導事情。

そんなテーマに関するレポートを提出してみたのね。

そしたら、先生が何も言わずにこのチケットをよこしてくれたわ。

・・・・・・電車?教育的指導?

ヒントは、私も佐藤先生と同じ電車を使っているということね。

あまり多くは語らないけど、もし良かったらさっちゃんも今日ケーキバイキングへとしゃれこまない?

いいね~。なんかそのチケットの入手ルートに関して若干のきな臭さが否めないけど、断る理由がない!

きまり!そうと決まれば、さっそく戦陣に馳せ参じるわよ!

お~!

・・・・・・。

にしても、スイーツなんて何年ぶりかしら。

そうだよね。乙女はスイーツもそうだけど、他に気にすることが山ほどあるしね。体重とか・・・・・・。

いや、私って最近病院から退院してさ、甘いものなんて一切取れない生活だったのよね。

それは大変だったね。じゃあ、今日は死ぬほどたくさん食べないとね!

ほんとそうね・・・・・・。

もう精神病院だなんて、こりごりだもの。

お前がジェニファーかいっ!!

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/10/31 00:10 Viewed 33 times

Comments

Login to Write your comment
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫) ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) 魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫)