“"女体化少年"の裏話【やこつき!】”

キョーコ部長!!

なんだい、ツクシちゃん!!

今日も可愛いですね、キョーコ部長!!

当たり前だろツクシちゃん!!

・・・あ、あの二人・・・どうしたんだ?

・・・大人の事情で今回からあの二人だけ名前が変わったのだ。深くツッコまないでやってくれ。

多分、名前とか気にならないかと思いますが一応報告。これからも二人のことをよろしくお願いします(作者)

そして今回は主人公が女の子になった原因・・・謎の狐さん達が絡むお話です。 (・・・今回はシリアス多いかも・・・)

そういえば名前で思い出したけど、コイツなんて名前なんだ?

う~ん『野狐憑き(やこつき)』って呼ばれてるし『野狐ちゃん』じゃないかな?・・・ねー、ヤコちゃん!!

・・・

違うよ?『空狐(くうこ)』だよ? くーちゃんって呼んでほしいな☆

あ、そうなんだ!! よろしくね『くーちゃん』!!

・・・って・・・

二人「しゃ、喋ったーーーー!?」

いや~皆の活躍で僕も少しは妖力が戻って来たんだよ。すぐにまた小さくなるけど。

・・・全く。仮にも最上位種の神である『空狐』が『野狐』に成り下がって人間に憑くことになろうとはね・・・

御託はいい!!さっさと俺を男に元に戻せ!ふざけた呪い掛けやがって!!

いや、呪いの原因は君があの地蔵を壊したからだろ?自業自得じゃん。

・・・うっ、正論だ・・・でも・・・なにも女の子にすることないだろ?!・・・そのせいで最近災難ばかりなんだぜ?!

・・・そうだね。そのことについては悪いと思ってるよ。・・・元に戻すまで協力するつもりだ。

・・・悪いと思ってるって、それならなんで八雲は女の子に?

・・・僕は大昔とある理由で封印されることになったんだけど、その時・・・ふと思ってしまったんだ。

『もし、生まれ変わるれるなら神様じゃなく普通の・・・人間の女の子になりたい』って。

きっと、その願いが長い時を経て呪いに変わっちゃったんだと思う。『女の子になりたい』っていう呪いに・・・。

・・・そういうことだったのね・・・ ・・・それで・・・八雲は戻れるの・・・?

僕一人の力では無理だ。封印の影響で力の大部分を失って、下級種である『野狐』になっているから・・・でも・・・

八雲がこれまで通り、神である僕に代わって『人助け』をすれば僕の妖力も回復して、元に戻せると思うよ!!

・・・僕は仮にも神だし・・・貯めるべき妖力も沢山だから、時間が掛かると思うけど・・・この調子で頑張って!!

・・・今まで君たちがやってきた『人助け』は決して無駄ではない・・・から・・・

・・・ポン!

・・・(チイサクナッチャッター)

・・・ったく、突然現れたと思ったら分けわかんないこと長々と言いやがって・・・

・・・でも要するに、今まで通りでいいんだな!!河原のゴミ拾いも、公園の草むしりも無駄じゃなかった!!

・・・よし、元に戻るためなら今日の『花壇の水やり』だって、全力でやってやるぜ!!覚悟しな空狐!!

・・・(ガンバッテー)

・・・ちょっと待った!!神様の力を全回復させるだって!?・・・多分それ、ものすごく時間のかかることだよ!?

『空狐(くうこ)』か・・・妖狐の中では最大級の妖力を誇るという・・・今の依頼内容では・・・数十年は掛かるな・・・

・・・すっ、数十年!? ・・・それって・・・殆ど元に戻れないようなものじゃないですか!!

・・・ああ・・・私が甘かったよ・・・草むしりだけじゃ到底無理だ・・・仕方ない、少しハードルを上げようか・・・!

・・・君たちにはこれから、より本格的な依頼をこなして貰うことになる・・・覚悟はいいかい!?

覚悟なんて・・・あるに決まってるじゃないですか!!男に戻るためならどんなことでもしますよ!!

(・・・ついに『探索部』の真の活動が!? ・・・にしても・・・どんな過酷な依頼なんだ?やっぱ悪の組織の殲滅とか!?)

・・・題して『ラブラブ♡恋の悩み解決大作戦』だ!!!

・・・は?

・・・はああああぁぁぁぁぁっっっ!? ・・・なんだそれ!? ただの恋愛相談じゃないですか!!

「ただの」とはなんだ!!乙女にとってこれほど重要な問題はないだろう! 君も女の子なら分かりたまえ!!

・・・だ・か・ら俺は男ですって!! ・・・マジかよ・・・恋愛相談なんて訳分かんねーよ・・・どーすんだよ・・・!!

・・・ははっ、実は君のコミュ力向上も兼ねてるんだ。・・・とはいえ心配だし、ツクシちゃんは彼のサポートよろしく!

分かりました!・・・因みに誰の恋愛相談なんですか?小太刀ちゃん?部長?

・・・それとも・・・私ですか!? ・・・べっ、別に恋になんて悩んでないんですけどね!!(八雲チラッ)

(・・・ツクシちゃん墓穴掘ってるぞ・・・) ・・・いや違うんだ。それなんだけど、どうも依頼主は特殊な子らしくてね・・・

小太刀に偵察して貰ったんだけど・・・どうやら八雲少年と同じく『憑神(つきがみ)』に取り憑かれてるらしい・・・

俺と同じ!?じゃあそいつも『性別』が変わったりとか・・・!?

いや、それは君が特殊なだけだよ? ・・・でもその影響で『性別』じゃなくて『性格』が変わってるかも・・・

『悩み』で負の感情が生まれ、不覚にも神の『宿主』になってしまったようだ。本人に自覚は無いようだが・・・

精神の弱った人間は奴らにとって恰好の寝床だ。追い出すには貴様らが恋愛相談を解決出来るかに掛かっている!

解決出来ればその子に取り憑いていた奴は一瞬離れるから、後は小太刀がそいつを一刀両断!万事解決ってわけ♪

・・・えっと・・・つまり私と八雲でその子の恋愛相談を解決して・・・・・・

・・・その後、その子に憑いてる神様の退治は小太刀ちゃんと部長がやる作戦ってこと・・・ですか?

・・・まあ、そんな所だ。なに、君たちは普通に恋愛相談してくれればいい。・・・草むしりより、やり甲斐はあるだろ?

おおっ!確かにそう考えれば!! 作戦ってのも、なんかカッコイイし・・・よし、さっそく『探索開始』だ!!

いや、カッコつけてるところ悪いけど君の仕事は恋愛相談だからね!?バトルじゃないからね!!(不安だ・・・)

ーーーその頃、町では・・・

・・・はぁ・・・恋愛相談の依頼・・・ちゃんと受けて貰えるのかな・・・『探索部』って怪しい部活みたいだったけど・・・

・・・ダイジョウブダヨー

・・・あ・・・ありがとう・・・不思議なウサギさん!!こんなアタイを励ましてくれるんすね・・・でも・・・アタイは・・・・・・

姐さん・・・何と話してるんすか? ・・・ん?なんすかそのぬいぐるみ・・・?

・・・ばっ、バカ!!このアタイがぬいぐるみなんか持ってるわけないだろ!? ・・・話しかけるなんて、もっての他だ!

・・・そうっすね。男連中よりも男らしい姐さんがそんな少女趣味なわけないっすよ!!ましてや『恋愛』なんて・・・

・・・そ・・・そそそ・・・そうだぞ!!うちの組は『恋愛禁止』なんだ!!アタイは掟を破るようなマネはしない!!

・・・おお!!やっぱ姐さんはカッケーっすわ!!さすがは我ら『女暴走族(レディース)』の総長!!(キラキラ)

・・・じゃあ、アタシら先に集会行ってるんで、後ほど夜露死苦っす!!

・・・お、おう!!でもこの前みたいにコンビニの入口でダベるのはやめとけよ!?お店に迷惑だから!!

・・・・・・

・・・ぬわああぁぁぁっっ!!恋もしたいけど掟が!!・・・アタイは一体どうしたらいいんだあああぁぁぁっっ!!

・・・コノママデイイヨ-

・・・それじゃ仲間に示しが付かないじゃないっすか!!・・・『探索部』とやら・・・本当・・・夜露死苦っすよ・・・!!

『外見は"男"らしいが中身は"女の子"な不良少女』VS『外見は"女の子"だが中身は"男"な女体化少年』!!

果たして"女体化少年"に恋する彼女の『乙女心』は理解できるのか!?

・・・そして・・・部長達には神の魔の手が迫ろうとしていた・・・

・・・

・・・(イザトナッタラ・・・)

(センノウ・・・)

おしまい。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/06/03 23:56 Viewed 108 times

From Author

■新キャラ登場のこちら(http://www.kimip.net/play/2oz37)の前日譚です。今回は設定語りが多いので読まなくていいかも?■幼馴染と部長の名前変更は4人の頭文字を取ると『やこつき』になるようにしたかったからです。(やくも→こだち→つくし→きょーこ)まあ、深い意味はないのですが(;´∀`)

Comments

Login to Write your comment
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫 わ 3-22) この素晴らしい世界に祝福を! 12 女騎士のララバイ【電子特別版】 (角川スニーカー文庫) 放課後は、異世界喫茶でコーヒーを (富士見ファンタジア文庫)