“こっくりさん”

十年前、俺はこっくりさんをした。

生き方がわからない俺は、こっくりさんを呼び出し、自分が進むべき道を教えてもらった。

その通りにやっていったら、可愛い彼女もできたし、ホワイトな会社にも就職することができ、

俺は幸せな人生を掴むことができた。

ただ一つを除いて。

こん、こん

あの日から、耳元で「こん、こん」という泣き声がしてうるさいのだ。

こっくりさんの終わらせ方が悪かったのか、憑りつかれてしまったらしい。

こん、こん

こっくりさんを追い返すには、油揚げを差し出すのが良いらしい。

こん、こん

ほら、油揚げやるから帰れ。

すると、こっくりさんはその油揚げにご飯を詰めだした。

何やってるんだ?

ご飯を詰めた油揚げを、俺の前に差し出す。

ホント、私のいいなり(稲荷)だね。

ぷふっ

こっくりさんは吹き出すと、そのまま消えていった。

その日を境に「こん、こん」という声は聞こえなくなった。

そんな下らない事を言うために、わざわざ10年ぶりに現れたのか。

ホント、こっくりさんはよくわからん。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/06/05 23:23 Viewed 44 times

From Author

前にもこんなタイトルの作品あげたような

Comments

Login to Write your comment
ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル (電撃文庫) やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫 わ 3-22) この素晴らしい世界に祝福を! 12 女騎士のララバイ【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)