“あいつからの電話”

トゥン・トゥロティロリロリン♪

あら。着信────。

・・・非通知?

もしもし・・・?

ツー、ツー、ツー・・・。

さっきの無言電話、なんだったのかしら・・・。

ここに引っ越してきてから、ヘンなことばっかりだわ────いいかげんにしてよねっ!

なーんて・・・鏡にスゴんでも意味ないわよね。

トゥン・トゥロティロリロリン♪

もしもし・・・?

ふふっ・・・あははは・・・。

プツッ────ツー、ツー・・・。

最近、携帯におかしな電話ばっかり かかってくるのよね。

「下着の色は?」とか────そういうアレ?

ち、が、い、ま、す!

無言だったり、あと笑い声とか。

なんか気味が悪いのよね。

そりゃ怖いねえ。

もしかしたら、ストーカーとかに狙われてるのかも・・・。

お、おどかさないでよねっ。

ゴメンゴメン。悪かったよ。

なんか家に一人でいるのが、怖くなってきちゃったわよ。

そんなに怖いんなら、今日は泊まりに行ってあげようか?

頼んじゃおうかな~。

まさか、本当にそう返されるなんて ・・・思ってなかったよ~。

ちょっと待っててね。すぐ鍵を開けるから・・・。

んあ。タバコ買うの忘れてた。

一日ぐらい禁煙しなさいよ。

ちょっとコンビニで買ってくるよ。 ついでになんか買うものあれば、買ってくるけど・・・。

特にないわよ。 いってらっしゃい。

タバコなんて、どこがいいのかしらね・・・。理解不能だわ。

トゥン・トゥロティロリロリン♪

・・・・・・。

・・・フーッ・・・。

・・・もしもし?

・・・今夜は、二人きりだね。

ツー、ツー、ツー・・・。

ど、どういうことなのよっ・・・!?

何? あんた、それであたしのこと 疑ってるわけ?

だって・・・。

フーッ、とかタバコを吸ってるみたいな音まで聞こえたからさ。

これは重症だね。

笑うことないじゃない・・・。

おたがい安月給で、付き合ってる男もナシ。

それであたしが、あんたの何を狙うってのよ。

男に相手にされなくて、女に走る とか・・・?

怒るよ~。

冗談だってば・・・。

まあ、しゃあない。 今夜はこいつで一杯やって、グッスリ眠るといいよ。

ん・・・そうね。

トゥン・トゥロティロリロリン♪

んん・・・もしもし?

・・・よく眠れたみたいだね。

あなた・・・誰なの? 悪ふざけならやめてちょうだい・・・。

枕元にクマとペンギンの人形かぁ。 カワイイ趣味してるじゃねえか。

窓辺の植木鉢には、もうちょっと水をやったほうがいいな・・・。

ツー、ツー、ツー・・・。

いない・・・?

二人で飲んで、それから・・・。

ギシッ・・・。

答えなさい!! 今、どの部屋から出てきたのよっ!

いや、その・・・トイレに行こうと 思って、部屋を間違えちゃったみたいでさ・・・。

そ、そんなに怒ることないだろ ・・・悪かったよ。

ねえ。さっきの電話、本当にあなたのイタズラじゃないのね・・・?

また電話? 内容は?

そ、それは・・・。

はぁ・・・。

電話も、家の鍵も変えてみたけれど これだけやれば大丈夫かしらね。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

・・・・・・。

このあいだの夜は楽しかったぜ。

また近いうちに遊びに行くからよ!!

楽しみにしてな! ウヒャヒャヒャヒャヒャ・・・。

ツー、ツー、ツー・・・。

大丈夫? 顔色悪いよ。

ひぃ────!!

おいおい、それは驚きすぎだろ。

だ、だって・・・今・・・。

また電話か?

そんなに怖いなら、今夜また・・・。

い、いいわよ! もう大丈夫っ・・・大丈夫だから!

あんまり・・・大丈夫そうには見えないけどねっ。

だ、誰も追いかけて・・・きていないわよね・・・?

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

あれ~? 今日は、そっちから帰るんだ。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

ずいぶん回り道するんだね。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

もしもし・・・?

あたしだけど、今どこなの?

ねえ、大丈夫? 返事してよ。

な、何が・・・大丈夫、よ。

私がまだ、気づいていないと思ってるのね・・・。

全部、あいつが・・・やってること だったんだ────。

あのときも────。

あのときだって────。

あのときもそう────。

そうよ。 電話がかかってくるときに、あいつは────いつも、いなかったじゃない。

さっきの電話だって、私を尾行してる途中で見失ったから・・・居場所をさぐろうとしたに決まってる・・・。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

なんなのよっ!! あんたは!

いいかげんにしてよっ・・・!

今、部屋の前だろ。 すぐ行くからな────。

・・・え?

か、鍵っ・・・鍵を・・・。

な、中に入って・・・鍵をかければ・・・。

────おい。

いやああああああああっ!!

ごすっ────!

グシャッ・・・ゴキッ・・・。

これで、もう・・・電話は、かかってこないわ・・・よね・・・。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

スッゲェーッ!! 今のは、スゴかったなあ。

あんた、本当に面白れえや。 最高だぜぇ!! 消化器でブン殴られちゃったオトモダチは、ダイジョぉブぅ~っ?

ツー、ツー、ツー・・・。

嘘・・・でしょ?

誰なの・・・あなた、誰なの・・・。

トゥルトゥトゥトゥットゥー♪

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/09/16 00:12 Viewed 49 times

From Author

床の模様が違うのは許してくれ。

Comments

Login to Write your comment
魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)