“俺が狐で嫁入りで(中編)【やこつき!】”

前回までのあらすじィィィイイイ!!

とある少年が朝目覚めるとォォォオオオ!!

女の子になっていたァァァアアア!!!

・・・って『なっていたァァァアアア!!!』じゃねぇぇぇよぉぉぉぉっっっ!!!

つーか、なんで無駄無駄無駄ァにジョジョっぽいんだよ!?

え!?突っ込むところそこなの!? (「無駄無駄無駄ァ」って!?)

いや、それよりも早くその狐ちゃんを見つけようよ!!あんた、男に戻りたいんでしょ!?

(※脚注) この二人は少年が女の子になってしまったきっかけである、この狐妖怪(?)を探しています。

うおっ、そうだった!!さっさと行くぞ!!

ああ・・・もう!!外見は変わっても、中身は同じで世話が焼けるんだから・・・!!

・・・くそっ、どこ行った!?ふざけた呪いで人の性別変えやがって!!これ、お湯を被っても戻らねぇだろ!?

・・・

ああっ!!なんか町の方に逃げやがった!!まてコラーー!!

ちょっ、置いてかないでよー!! ・・・って、あれ・・・?

・・・あー、八雲が壊したお地蔵様ってこれか・・・可哀想に・・・ん?なんか書いてある・・・

・・・!! ・・・これってもしかして!!

・・・

・・・

・・・はぁ・・・はぁ・・・なんか・・・すぐ息があがる・・・

・・・っていうか、それよりも走ってる時に・・・・・・

・・・胸がめっちゃ揺れるのが、すげー違和感・・・俺・・・男だってのに・・・・・・

・・・そこのお姉ちゃん、だいじょうぶ?息切れしてるけど・・・・・・

・・・はぁ・・・はぁ・・・ (・・・あれ、もしかして俺のことか?)

・・・だ、誰が『お姉ちゃん』だコラァ!!俺は男だああああぁぁぁっっ!!

・・・ひっ!! ・・・わ、わたしは・・・た、ただの迷子で・・・そのっ・・・!!

(・・・ってうわあ!?子供かよ!?やっちまっああああぁぁぁぁぁっっ!?)

・・・お姉ちゃん・・・本当は男の人なの?知らない男の人について行っちゃいけないっておとーさんが・・・・・・

(・・・あああっ!!しかも、なんか変な誤解されてるぅぅぅぅ!?誤魔化せ!!こうなったら・・・・・・!!)

『あ、あら・・・やだ私ったら取り乱してしまって・・・ご、ごめん遊ばせ~♪』

(うわああああぁぁぁぁぁっっ!? 自分で言ってて超恥ずかしぃぃ!! うげろおおおぉぉぉぉぉっっっ!!)

・・・そのしゃべり方・・・もしかして・・・

・・・ゆ、ゆーかい犯の人!? ・・・変なしゃべり方で怪しいよぉ!!

(うわーん!!逆効果だったぁぁ!? 誰か助けてくれぇぇぇぇぇ!? うわーーーーーーーん!!!)

・・・はぁ、はぁ。やっと追いついた・・・って、なにやってるの八雲・・・?なんか知らない子供もいるし・・・

す、スモモ!!助けてくれ!!このままだと誘拐される・・・もとい、誘拐犯にされる!!

はぁ?

・・・

・・・なるほどね。君は転校生で午後から新しく通う学校の見学会があるってのに、道に迷っちゃったってわけか。

・・・うん・・・どうしよう・・・このままだと遅刻しちゃうよぉ・・・・・・

それならお姉ちゃん達が案内してあげるよ!!

ほ、ほんと!?

え!?いや、ちょっと待てよ!?俺のことはどうなるんだよ!?

・・・ひっ!!こっちのおねーちゃん怖い!!やっぱゆーかいの・・・・・・

『・・・ち、違うわよ~?優しい優しいお姉ちゃんですわよ~♪』

(おい、どういうつもりなんだよ!! このままじゃ俺、キャラ崩壊しちまうよ!?)

(小さい子が困ってるのを放っておけないでしょ!?それに、ちょっと気になることがあるの!!)

(んだよ、気になることって・・・ああ、早く男に戻りたい・・・・・・)

(いいから付いて来てってば!!)

大丈夫だよ~いざとなったら私がこの女装男を警察に付き出してやるから!さ、案内するから一緒に行こう!!

おい!!誰が女装男だっ・・・

・・・・・・びくっ・・・!!

『・・・だなんて、失礼ですわね。おほほほ・・・(死にたい)』

・・・

・・・うん、ここまでくれば大丈夫!! 後は真っ直ぐいけばほら、校舎が見えるでしょ!!

わあっ!!ほんとうだ!! お姉ちゃん、ありがとう!!

怖い方のお姉ちゃんもありがとう!! ・・・ごめんね、ゆーかい犯だなんて言って・・・

あー・・・いいって、気にすんな。それぐらい許してやんよ。

えへへ!!本当はお姉ちゃんも優しいんだね!!歩いてるとき、ずっと怖くないようにがんばってくれてたし!!

(俺、めっさ変な言葉遣いになってたけどな・・・『ですわよ』ってなんだよ・・・・・・くそう・・・・・・)

じゃあ、本当にありがとう!! お姉ちゃんたち、またねー!!ばいばーい!!!

・・・はあ、やっと終わったか・・・・・・それにしても・・・・・・

うわああああぁぁぁぁっっっ!!! なにが『お姉ちゃん』だ畜生おおおぉぉっっ俺は男だあああぁぁぁ!!!

まあまあ、子供の言うことなんだから気にしない気にしない!!てか、今の八雲は誰がどうみても女の子だし。

頑張って人助けしたほうじゃあないんですかね。 ・・・ねえ、『 お ね え ち ゃ ん ♪ 』

・・・なんで上から目線なんだよ・・・つか、お前まで『お姉ちゃん』って言うな・・・

・・・それよりも、さっきの『気になること』ってなんだよ!?狐探し放って迷子の案内した意味ってなんだ!?

・・・ふっふっふっ、よくぞ聞いてくれました!!・・・君のお探しのものは・・・

・・・こいつかい!?

うおおおおっっっ!?? ・・・なんで?どうしてここに居るんだ?あれだけ逃げまわってたのに!?

・・・実はね、あんたが壊したお地蔵様の所に、色々記してあったの。この子の正体とか呪いのこととか・・・・・・

この子は人の『善意』に寄ってくる神様みたいなの。だから、さっき迷子を助けた私たちの元に現れたってわけ。

そしてなんと『善意』がこの子に見合うだけ貯まれば、その人の願いを何でも叶えてくれるんだって!!つまり!

・・・さっきみたいに『人助け』をしていれば・・・願いを・・・

・・・俺を男に戻して貰うことも出来るってことか!?

・・・コクッ

・・・でも・・・人助け・・・俺が・・・? ・・・割と人と話すの不向きなんだが・・・

・・・なに言ってるの!!私がいるじゃない!!

あんたが男に戻るまで、全力でサポートしてあげるから覚悟しなさい!!

・・・お前ってやつは・・・さすが俺の幼馴染・・・!!

・・・で、次はどうするんだ!? 誰を助けるんだ!?

・・・いや、困ってる人なんてそう簡単に見つからないだろうし、こっちから動こう!!

明日、学校に行って皆になにか困ってることがないか聞いてみようよ。 なかったら募集をかけるの!!

おおー・・・お前にしては名案だな。 じゃあ、明日は学校で任せたぞ。 俺は家で・・・

・・・?何言ってるの?八雲も明日から学校連れて行くよ?

・・・は?

・・・はあああああぁぁぁぁっっっ!?

・・・この女の身体で学校行けと!? ・・・どう説明するんだよこの状況!?

そこら辺は頑張ってなんとかするよ。よくある従兄妹設定とか駆使してさ~

・・・いやいやいやっ!! 百歩譲って皆がそれを受け入れたとしてもだ!!制服はどうするんだよ!?

あなたのお姉さんのお下がりがあるじゃない。それがもし嫌なら・・・

・・・わ、私の制服を・・・貸してあげてもいいわよ・・・?

お気遣いありがとう。胸周りがキツそうだから遠慮しておくよ。(死んでも女子の制服なんて着ないからな!!)

(カチーン) ・・・あら~遠慮しなくていいのよ!!今からサイズ測ってあげるから!!

ちょっ、おい・・・!!なにやって・・・変なところ触るなって・・・やっ・・・そこは・・・・・・

らめえええええぇぇぇぇぇっっっ!?

・・・

・・・ふっ、これも『人助け』か。 おかげで一時的に『妖力』が戻ったな・・・またすぐに小さい体に戻るが・・・

にしても、この者達・・・中々面白い。 僕も仲間に入れて貰いたいものだね・・・ふふふっ!!

かくしてこの『三人』は他の仲間とも友情を育みながら、ドタバタと『人助け』に奮闘していくのでした。

おしまい。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/05/28 05:20 Viewed 216 times

From Author

TS物の「中編」です。もちろんこの後は「後編」に続くのですが、「中編」から「後編」の間に起こった出来事は「外伝」扱いでのんびり書いていこうと思ってます。そちらもよろしくです!■「後編」http://www.kimip.net/play/fhPxh ■「外伝」http://www.kimip.net/play/Y2RNd

Comments

Login to Write your comment
ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) 灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)