“その少女は世界を殺す 9”

今日は休みだからナスカに会えない~(*´ο`*)=3 はふぅん

突然、人の家に押しかけてきて第一声がそれですか・・・。 首、締めますよ(°言°怒)

ゴメンナサイ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

大体、会いたいなら家に行けばいいじゃないですか。

( ゚д゚)ハッ! その手があったか!

ここまでおバカとは泣けてきます。

よっし! 早速、真里たちも誘って遊びに行こう~♪

突然、来るからなんだと思ったわよ。

でも、楽しみ♪ どんな家かな?

何か豪邸って気がする!

あ~!そうかも~(^ ^)

んで? 道はこれであってるの?

おう! みずきに付きまとって聞き出した。

・・・。 アンタはストーカーかい。

ナスカ。 学校はどうだ? 楽しいか?

・・・楽しいかは分からない。 でも、しずくがいるから嬉しい。 それとよく分からないけど「友達」というものが出来た。

そうかそうか! 友が出来たか!! よかったよかった(´▽`)

私はしずくだけでいい。 友達はいらない。

ナスカ~。 そんな事、言っちゃダメだよ。

紗羅!(ギュッ♥)

エヘヘ♪ くすぐったいよナスカ(´▽`)

紗羅は私に友達がいたら嬉しいのか?

うん! すっごく嬉しい♪

ナスカが友達できて、その中心で笑ってたらボクは幸せだな♥

ん~・・・。 難題。

あは♪ 無理しなくていいんだよ。 ナスカのペースでやっていけば(^_^)

わかった。

いい子いい子(ナデナデ)♪

ナデナデ好き・・・。

ワシもナデナデしてやろう! (ナデナデナデナデナデ)

・・・嬉しい。

お邪魔する! ナスカおはよう♪

おはよう、ナスカ!

おはよう♪(ギュッ♥)

僕にもギュッてしていいよ♪

・・・嫌。

( ;∀;) カナシイナー

(双子) ん? 何かが来る・・・。

失礼するぞ・・・。 通茂、何か感じぬか?

斎殿か。 ・・・むう、何やらきな臭いのう。

何か来るよ・・・。

私・・・。

ナ~スカ! あっち、行ってようか(^_^)

で、でも!

いいから・・・、ね? お願いだよ。

・・・分かった。

ここではマズイ。 移動するぞ。

はい!

ここならばいいだろう・・・。 いることは分かっている。 出てこい!

まあ・・・。 気ついてるだろうとは思ってたけどね。

ニュフ♪

フニュ~。 ナスカちゃんがいないよ?

あらかた何処かに、緊急用の部屋でもあるんでしょ。 それより・・・。

おとなしくナスカを渡してくれない? 彼女にとっても大事な用があるのよね♪

そうそう! 渡せ~ヾ(@^▽^@)ノわはは

それは出来ない相談だな。

ですね。 お子様は帰りなさい。

お子様じゃないニャ! バカにするニャー・"(>0<)"・

お子様ですよ♪

こいつムカつく~(# ゚Д゚) ムッキー 麻比呂ちゃん!こいつアタシがやるからね!

あの馬鹿ネコ・・・。 勝手に決めるなよな(*´Д`)=3ハァ・・・

では、お前は私がお相手しよう!

あら! 私の相手はオバさんなのね。

オバさん・・・。

貴様・・・(°言°怒) 後悔させてやる!

ヤダ、怖~い!

で・も♪ 後悔するのはそちらですわよ(´、ノ`)フフッ

ナスカは大事な娘じゃ! 渡しはせぬ(°言°怒)

逃げ帰るがいい・・・。 愚かな者よ。

(全員) 勝負!!!!!!!

その頃・・・。 (ピンポーン) (全員) コンニチワーーー!

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/10/12 14:08 Viewed 19 times

From Author

少年はある日、その少女と出会う。そして世界は動き出す・・・。   ※文才というかこういうの初めてなので、更新、遅いかもだけど観てやってください!

Comments

Login to Write your comment
ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫) 灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫)