“魔法少女に、俺はなる!! その7(最終回)”

■前回までのあらすじ!!

とある『魔女』が落とした『魔法薬』を誤って飲んでしまった青年!!

ぽん!

なんと女の子の姿に! しかもなぜか魔法少女になってしまったのだ!!

元の姿に戻るため、幼馴染の少女に『魔女』探しを手伝って貰っていたのだが・・・

彼は、突如現れた『魔女』に連れ去られ、『心』までも『女の子』になるよう調教・・・洗脳されてしまう・・・!!

彼を助けるため、幼馴染も魔法少女に変身!!・・・しかし・・・。

・・・『彼』はすでに洗脳されていて、正気を失った『彼』・・・否、『彼女』は幼馴染に襲いかかる!!・・・だが・・・

幼馴染の想いがこもった一言により、『彼』は正気を取り戻したのだった!

そして、物語は最終章へ・・・

・・・

・・・まさかこの私が、あんな子供たちに負けるなんて・・・

・・・

やりましたね!! 助手さん!キョージュさん!!

ウサギさん! ウサギさんもありがとね!!

あなたの後押しがなかったら・・・ 私、魔法少女になんて、なってなかった・・・

あの場所で諦めて、立ち止まってたかもしれない・・・本当にありがとう!!

・・・助手さんなら、わたしが言わなくとも、キョージュさんを救えていましたよ!!

さっきの『告白』びっくりしちゃいました!・・・まさに『愛は勝つ』ですね!

・・・へ?

ふ、ふええええぇぇぇぇっっっ!?

わ、わたし・・・え!? ・・・こ、『告白』って・・・////

・・・少し前・・・。

私は・・・アンタのことがっ・・・

・・・好き・・・なんだから・・・。

・・・う、わあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!?

・・・い、いやアレはね、アイツを元に戻すためにポロッと・・・

・・・って、そうじゃなくて!!

・・・その・・・なんていうか・・・ ・・・あー・・・うー・・・

(・・・す、すごく動揺してる・・・!!)

・・・じ、じゃあ、キョージュさんに返事を聞いてみましょう!!・・・キョージュさーん!!

・・・「じゃあ」ってなんなのよ!! ・・・うああああぁぁぁっっっ!! ・・・だめぇぇ!呼ばないでぇぇぇ!!

・・・

い、いやーなんていうか・・・

ほ、ほら!! ・・・そのとき俺、正気じゃなかったし な、なにも覚えてなーい・・・なんて・・・

うわっ!!話題から逃げた!! もっと男らしい人だと思ったのに!!

・・・あ、あらやだわ、ウサギさん!! ・・・い、今の私は可愛い女の子の魔法少女・・・な、なのですわよ~☆

女の子の姿になってるのを利用して誤魔化した!!・・・もう、二人してなんなんですか!!

・・・

・・・ふっ、俺の方は冗談だ。 ・・・助手、さっきのことだが・・・

・・・!! ・・・は、はい!!

・・・その・・・返事は少し待っててくれないか・・・?

・・・え? ・・・ど、どうして・・・?

・・・今の俺は・・・薬のせいで『女の子』になってしまっている・・・だから・・・

・・・この返事は、俺がちゃんと『男』に戻ってからしたいと思う。

・・・『男』として・・・ ・・・『男らしく』・・・な!!

・・・

・・・そっか。 ・・・うん、わかった。

・・・なら・・・今は・・・!!

・・・ああ。

・・・

・・・約束だ!! ・・・元に戻るための薬・・・『魔法薬の原液』を渡して貰おうか!!

・・・おのれ・・・これで勝ったと思うなよ・・・こうなったら我が真の姿で・・・

・・・なに!?

・・・

・・・なんてな。冗談だ。 ・・・この私を・・・私の幻術を打ち破るとは驚いたよ。

・・・まさか魔女である私が・・・恋のキューピッドになってしまうとは・・・

・・・お前・・・

・・・自分のことを、『恋のキューピッド』って・・・

・・・っ!! ええい、うるさいわ!! ・・・さっさと持っていくがいい!!

・・・シュッ

・・・! ・・・っと!!

・・・確かに受け取ったぜ。

・・・私の退屈しのぎに付き合わせてしまって、悪かったな。

ううん。そんなことないよ!!

・・・あなたのおかげで大切なことに気づけたの・・・ありがとう・・・!!

・・・っ! ・・・礼など言われる筋合いは・・・

・・・フッ、まあいい。 ・・・出口は・・・あっちだ。

・・・退屈しのぎ・・・か・・・

こいつらと一緒に居れば、退屈しない・・・かもな・・・

・・・

・・・そして。

・・・よしっ!! ・・・ついに完成したぞ!!

ようやく元の姿に戻れるのね!!

ああ!! ・・・これが俺の『男に戻る薬』で・・・ ・・・ほら、これ、ウサギの分!!

あっ、そっか。ウサギさんも元々、人間の女の子だったんだっけ。

はい!・・・元々、わたしが魔女に負けてしまったせいで、お二人にはご迷惑を・・・

もうっ!いいってば! 全て済んだことなんだし!!

・・・って、ウサギさんの薬、量多いわね!?

わたし、もう魔力が底をついてしまっているので、これくらい飲まないと元に戻れないんです。

あ、なるほど。 ・・・だから魔女さんに貰った魔法薬、もう全部なくなってたんだ。

・・・よし、じゃあ・・・いくぞ・・・ ・・・俺は・・・元の男の姿に!!

・・・わたしは、人間の魔法少女に!!

・・・ゴクッ・・・ゴクッ・・・

・・・(ドキドキ)

・・・

・・・よし!これでみんな元通りね!!

ああ、やっと男の姿に・・・!!

・・・

・・・あれ?

・・・どうした、助手?

・・・

ふにゅうっっ!!

ひ、ひゃあぁぁっっ//// む、胸を揉むなああぁぁぁぁ!!!

・・・って、あれ・・・?

俺、また魔法少女になってる!? ・・・なんで!!?

・・・ううっ、やったぁ!! やっとわたし、元の姿に戻れた!!

これも皆さんのおかげです!! キョージュさん!助手さん!!

う、うわああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!・・・突然知らないおっさんが出てきたああああぁぁぁぁ!!!

・・・へ?

・・・あ、あれえええええぇぇぇぇ!?

・・・アンタ達・・・

・・・ひょっとして・・・飲む薬・・・ ・・・お互いに間違えたんじゃ・・・?

・・・

二人「え、えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっ!?」

・・・ふ、ふええええぇぇぇ・・・やっと魔法少女に戻れると思ったのにぃぃぃ!! ・・・こんなおじさんの体やだよぉ!!

ええい!!その姿で可愛い声を出そうとするな!!キモいから!!

・・・って、待てよ? ・・・魔女に貰った薬、そういえば今回ので全部使っちまった!!

・・・それは・・・また貰いに行くしかないんじゃない?魔女さんの所に・・・

また魔界に行くのかよおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!

・・・

・・・その頃。

・・・なんとなく心配だったから、水晶玉で様子を見てたが・・・あいつら、なにやってんだ・・・

・・・まあいい。またこっちに来るみたいだし・・・今度は・・・

・・・

・・・ダンジョンにトラップいっぱい仕掛けて置いてやろうっと♡ ・・・なんたって、退屈だからな!!

・・・

・・・ううっ、これならまだ、ウサギさんの姿のほうがよかったよぉ・・・

・・・っていうか、なんでおじさんの姿に・・・

・・・お前、俺が飲むはずだった『男になるための薬』を大量に飲んじまったんだよ・・・

・・・多分、その量の分だけおっさんに・・・

・・・ふえええぇぇぇぇぇん!! ・・・お嫁にいけないぃぃぃぃぃぃ!!

・・・くっ、俺だって作り間違えることぐらいある!!・・・くそっ、もう一度、魔界に行くぞ助手!!

・・・はぁ・・・

・・・告白の返事が聞けるの・・・ ・・・一体いつになるんだろう・・・

・・・こうして、彼女たちの苦難の日々はまだまだ続いていくのでした。

魔法少女に、俺はなる!!~完~

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/11/11 22:57 Viewed 95 times

From Author

最終回です!読んで下さった皆様、ありがとうございました!どうしようか迷ったのですが一応、序盤に1話目からの簡単なあらすじを入れてみました!!■その6:http://www.kimip.net/play/Pw1Xi ■1話目:http://www.kimip.net/play/AplCc

Comments

Login to Write your comment
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術9 (講談社ラノベ文庫) りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫) りゅうおうのおしごと!9 (GA文庫)