“怪しい影の大冒険”

この不肖・怪しい影・・・暗躍せずにはいられないッ!

何故なら、世は今、クリスマスムードまっただ中だからッ!

街へ繰り出すぞッ!

なるほど、外はもうすっかり冬景色だな。

でも私は所詮影。寒さなどまるで感じない

オシャレな通りに出てしまった

行く人来る人、皆が下を向いて歩いているせいか、元気がないように思える

なにか最高にホットなものに巡り合えれば・・・

ひとまず、あの女の影に憑依するぞッ!

憑依変態!

はぅつッ!?

ちょ、どうしたの?急に変な声出して。

いや、なんか急に悪寒がして・・・

あ、そういえば知ってる?同じクラスのあの子ってばさぁ・・・

ふふ、成功だ。

あの生き生きとした表情を見てみろ!これも私のおかげさまさまだな。

ならば、どんどん人々を元気にしてやろうではないか!

憑依!

変態ッ!

お?おおっ!?

なんだかしらねーが、この胸の内に昂る熱い想い、誰かと共有したいっ!

まじでっ!?それガチならソースよこせよ!

これはお祭りの予感、ですわっ!今すぐツイートしなくちゃ!

いやー、知らなかったわ。まさかあの子がそんな───

前から思ってたけど、あいつってちょっと調子に乗ってるっていうかさ───

そーそー、他人のこと小馬鹿にしてる感あるよね───

街にどんどん私の分身たちが蔓延していく・・・

それにともなって、人々の表情にどんどん笑みがこぼれ出してきたなぁ。

ただ、知らないうちに私はどんどん着膨れしていって、ちょっと動きにくいんだけれど

陽が暮れてきた

よし、今日はあの子で最後にしよう

憑依!

変態ッ!

えっ・・・!?

うそ・・・なんで、そんな・・・?

タッタッタ・・・

ゆーちゃんっ、ご飯よー!はやく降りてきてらっしゃい

スッ・・・

ぐすっ・・・うっ、ううぅ・・・

この子は何故こんなにも悲しそうなのだろう?

これまで私が憑りついてきた人間は、みな笑顔になっていったというのに・・・

・・・まさか、周りの人が私の事、そんな風に思っていたなんて・・・

知らなかったよッ・・・!

・・・・・・。

そうか・・・、私は影は影でも───

私は悟った。この子にだけは、けして憑依してはならなかったと───。

その夜は、身も凍えるような寒さだったという。

しかし、私は所詮影。

寒さなどまるで感じない

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/12/22 01:56 Viewed 12 times

From Author

たまにはブラックユーモアなどもいかが?影だけに。

Comments

Login to Write your comment
灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫) 転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)