“陛下留学秘話SP 第8話「3つの博打」”

前回までのあらすじ 陛下が 女に また惚れた 陛下は 運に 身を委ねる

自らの人生を博打と捉えてからは早かった。まず,告白の場所や状況,時間,何と伝えるか…残り10日もない今,全てを高速に練り上げる。

告白場所は発想に時間は掛からなかった。以前行った旧刑務所,確かナイトツアーなるものがあった。まさに告白やデートに最適だ。

"あ~すみません,ナイトツアーについて聞きたいのですが…"

陛下はすぐさま現地へ赴き,ツアーの詳細情報を確認した。曜日,時間,料金など完璧なほどに。

時間。あの娘は授業の関係で水曜だけがチャンスだった。陛下に午後の授業はない。

そして偉大なる母君に,日本人に惚れたことを打ち明け,教えを請うのだった。

…というわけなんだが,どう告白すればいいのだろうか…

う~ん,いきなり"好きです"じゃ引くから,まずは"友達からスタートでいいからお付き合いして欲しい"とか?

なるほど。ナイトツアーで言えればと思うんだが,タイミングはどうしよう

途中で言うと駄目だった時に気まずいし最後がいいんじゃない?

大変参考になった。感謝申し上げる

少しでも仲良くなれるように健闘を祈っておくよ

そうしてあらゆる手段を講じて何とか戦える状況を作り出し,後は運だけが勝負どころという所まで来た。

ここに,3つの博打を考えた。この博打の目が全て揃うなら陛下は男になり,どれかが欠ければオタクに再帰する。

まず,1つ目は…

"あの~,今週水曜の夜って何か予定あります?"

"えぇそうね…私達の娘と食事しようかと思っていたんだけれど…何かあるの?"

"それが…刑務所ナイトツアーってのに行ってみたくて…夜の外出だし,どうかなって"

"それはいいわ!是非行ってきなさい!なんだったら駅まで迎えに行ってもいいわよ?"

"ありがとうございます…!"

こうして第1の博打, 「水曜夜の外出許可」 に"表"が出た。

第2の博打,これは極めて舵取りの難しい賭けであった。

彼女とはクラスメイトながら特に親密でもなかった。個人的に誘っても断られそうだったし,クラス全体に呼びかけることにした。

ってなわけで刑務所ナイトツアーってのに行こうと思うんですが,1人じゃ危ないんで一緒にどうですか?

ホントに?面白そう!!

ええやん!面白そう!!

まぁ,夜の外出ということもあるんで各自ホストファミリーと相談して貰えれば…今夜にでも連絡しますので

今日聞いてみるよ~!あ~でもすっごい面白そう!!

(つかみは完璧,後はあちらの都合か)

もちろんクラスメイトも呼ぶのはリスキーだし,告白のタイミングも限られる。

しかし個人的に誘うよりワンクッションが置ける。そこで徳を積みつつ,告白の際はその娘だけちょろっと影に呼び出してサッと伝えれば…

だが,この博打は想定以上の結果をもたらす。

うわ,結構クラスメイト行けなさそうだな…結局俺とあの娘含めて3人…

夜間外出ともあってほとんどは来れないとのことだった。幸いあの娘は許可を受け,ここで第2博打は"表"が成立した…だけではなかった

・・・・・・・あの娘じゃないほうが行けなくなったか。いよいよ二人きり,これじゃ個人的に誘ったのと変わらんじゃないか…

まぁこれも博打の一つ,あの娘に行くかどうか聞いてみるか

「二人になったけど,どうする?俺はせっかくだし行きたい」 「アタシもせっかくだし行きたい!」

ハ・・・ハハ・・・嘘だろオイ・・・デートになっちまったよ…

考えてみれば親族以外で女子と出かけることは無かった。事実上デートを承諾,最後の博打もまだ目があることを確認し,眠りにつくのだった

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2016/11/11 23:49 Viewed 15 times

From Author

運以外のあらゆることを塗り潰すのは定石だ。そうして隙間を埋めていって運だけが純粋に残った時 "最高の賭けになるのさ"

Comments

Login to Write your comment
ようこそ実力至上主義の教室へ 6 (MF文庫J) ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫) ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)