“陛下留学秘話SP 第9話「天の答え,神の意思」”

前回までのお話 女に惚れた 告白の準備した あとは運しか残らない 事実上のデートになった

運命のデート。まずはツアーまで時間があるので,ちょっと早めの夕食を取ることにした。

うわ,結構デカイな食えるかな…

なんでそんなの頼んだんですか!?私食べられませんからね…?

相手方もこちらが年が上(学年は同じ)と知ると敬語を使うようになってしまった。ちょっと距離を感じる…

ん・・・まぁ味はうまいな!

女っ気のない人生を歩んだオタクにとってある意味女性との会話は戦争,殺し合いだった。正直,かなり体力を使った。

ねぇ,なんか喋ってくださいよw

あ,いや…う~んこういうの慣れてなくて…

なんか趣味とかはないんですか?

あ~,まぁギター弾いたり,アニメとか漫画も好きかなぁ

それってワンピースとかですか?私は読んでないですけど

え,あぁまぁそんな感じかな…

おそらくこの場でヲタバレしたら博打の前に事が終わっちまう。多少窮屈だが,想い人と食事ができるならとのらりくらり。

そうこうしているうちに,互いの恋人についての話題に移る。そういえば,恋人が居るかどうかは確認していなかった。

そう言えば彼女とか居ないんですか?

ん~まぁ出来ることならほしいけど,中々難しいね。

(まぁ,俺と2人でデートするくらいだしさすがに居ねぇだろ…) そっちは?

博打はここで目が出た。

あ,私もういるんで。

陛下の中で時が止まった。理解の範疇を超えていた。彼氏がいるのに,なぜ俺と?俺はなぜこんなやつに?なぜ前もって確認を?

この間わずか0.5秒,紳士を貫く陛下はこう切り返す。

あ,そうなんだ。同じ大学?

そうです~,同じ学科なんです。

そっか~。・・・

考えてみればそうだった。こんな社交的で明るい子なら彼氏くらい居るだろう。その彼は日本で首を長くして居るという。

畜生…俺はこんな奴に何を惚気けて…尻軽女…そう思ったら全ての言動に怒りと悲しみが込み上がるのだった 孤高な者の憎しみ,悲しみ…

しかし今さら帰ることは出来ない。せっかく予約までしたツアーにも行かず,こんな異国の地に取り残すなんて紳士の恥。

(仕方がない,消化試合だが最後まで…てな)

失意を秘め,もはや無意味な刑務所探検に繰り出した。こうなりゃ自棄っぱち,本当にデート気分で過ごしてやろうじゃねぇか

結構しびれるなぁ雰囲気も最高に怖いし

なんかお化け屋敷みたいですね~

俺は最後の最後まで,残りわずかな理性を振り絞って紳士を演じきった。今思えば今旅最も褒め称えるべき事案だ。

今日は誘ってくれて本当にありがとう!凄い楽しかったよ!!

いや,いいってことよ…いや~しかし彼氏持ちかぁ~残念だなぁ~w

きっといい人が見つかりますよ。頑張って!

ハハ・・・ (もうこうなりゃ自棄のカンパチ,本当の最後の博打!)

あの~じゃあついでにワガママ言わしてもらっていい?

手ェ,繋いでも?

ダメですよぉ~!彼氏に怒られちゃいますぅ! アハハハめっちゃおもしろ~い!!

ハハハまぁそうだよな変なこと言ってすまん

こうして女子と手を繋ぐ事もできず,その娘を駅まで見送った。

本当にありがとう~!また明日~~!!

ハハ・・・ハ・・・まぁ,そうだよな・・・はぁ~あ・・・帰るか。

その夜は,バスの中で無限に音楽を聞いていた。かつて中学の生徒会長に惚れたときと同じ曲を。

"ただいま…はぁ…ハハ…"

"陛下,どうした?"

俺ァつたない英語ながら,ありのまま全てを話した。ホストファミリーの夫妻は黙って聞いてくれた。

"そう…残念だったわね。それでナイトツアーに行きたかったのね"

"でもあなたはとっても優しくて素直でとてもいい子よ。あなたは私の誇りだわ!"

・・・・・Thank you very much.

拠り所になってくれたのはホストファミリーだけではない。もちろん,相談に乗ってくれた偉大なる肉親は大変に気遣ってくれた。

"残念だったけど,彼氏がいるのに他の男と出かける女はおすすめしない。本当に彼氏が大事なら他の男子の誘いは受けない"

"陛下は浮気できるタイプじゃないから,そうされると倍傷つく。可愛くなくても自分だけ見てくれる子がいいと思う"

"お母さんは,父ちゃんと付き合ってる時に何人かに言い寄られたけど,父ちゃんを傷つけたくなくて全部断った。"

"陛下を何よりも優先してくれる人がいいと思う。まぁ,何事も経験が大事だから -end- "

…ありがてぇ…あったけぇよおっかさんよ…

裏庭にて,諦めたような満足したような面持ちでタバコに火をつける。禁煙など今は関係ない。とにかく全部が終わった

はぁ…神様よ,俺の負けだよ。でも,楽しかったぜ…最高の博打だった…

…なんて,な。我ながら鼻が曲がりそうだよ

そう言いつつ満足気に煙を吐いた。 郊外の空に見える星は故郷より遥かに強く光って見えた

文学的に締めてしまったがいよいよ留学も大詰め,陛下氏最後の大仕事が幕を開ける!! 最終話,お楽しみに。

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2016/11/12 00:28 Viewed 15 times

From Author

果たして運は陛下をどんな人生に転がすというのか,陛下氏はその結果を受け入れられるか…確率の波束は収縮し,運命が確定する。

Comments

Login to Write your comment
Re:ゼロから始める異世界生活 12<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J) Re:ゼロから始める異世界生活12 (MF文庫J) ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)