“夢の夢の物語”

夢を見ていた

それはおぼろげな夢

いつも見ているあの夢……

やぁ、おはよう。

今日もそのリボン、素敵だよ。

夢にいつも出てくる私の王子様。 いつも私を見て褒めてくれる。

あの人は一体……

…………ら。 ………くら。 ……さくら!

ふにゃっ!?

やっと起きたわね……。 おはよう、お寝坊さん……?

え、あ、お、おはよう……。

そ、そんな顔してどうしたの……?

あんたが全然起きないから、私が起こさせに来たのよ、おばさんに頼まれてね……。

え、わわっ!? こんな時間!?

時計を見ると08:15との表示があった。 すぐ準備しなきゃいけない時間だった。

あわわわわっ! ど、どどどどうしようっ! 遅刻だあああっ!!!

さっさと着替えて準備しなさい! 5分でやれっ!

ひゃいっ!

そして30分後……

はふぅ……、なんとか間に合いそう……。

まったく……、私が起こしに来なかったら新学期早々遅刻するはめになったのよ? 十分感謝することね。

うぅぅ……、天音ちゃん感謝してますぅ……(くすんっ

よろしいっ。

まっ、なんとか間に合いそうだし、勘弁してあげるわ。

えへへ、いつもありがとっ。

そしてのんびりと歩き出そうとした瞬間……

(どんっ

きゃっ!?

おっと、ごめん。 怪我はなかったかい?

あ、いえ、大丈夫ですっ。 すみませんでしたっ。

oO(あ、あれ……? どこかで見たような……)

ふふっ、僕もちょっと周りを見てて気が付かなくてね。 僕の方こそごめんね。

い、いえっ、私の方こそごめんなさいっ。

ん、まぁ怪我なくて何よりだよ。 それより、時間は大丈夫かな?

そう言われて自分の腕時計を見ると、始業式まで10分を切っていた。

あわわわっ! もうこんな時間っ! あ、天音ちゃんっ! 体育館に行こうっ!

まったく何やってるのよ! ほら駆け足でいくわよ!

ひゃいっ!

天音ちゃんに急かされて私は体育館へ走っていった。

さっきの男性……どこかで見たようなある気がしたけど……、だれだったのかな?

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2013/01/23 02:17 Viewed 8 times

From Author

よくありがちなモノですな、うん。続くのだろうか……?

Comments

Login to Write your comment
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫) ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫)