“その少女は世界を殺す 19”

お二人共!

お前たちは隠れておれ!

は、はい・・・。 気をつけて!

あら!パンダ?可愛い~♥

こちらから行くぞ! スタァプラチナァ!○ ̄□ ̄)=○ ̄―_ ○-_-)=○)°O°).。・オラオラオラァ!

ヽ(ヽ(`ヽ(`д´三サッ(`Д´)サッ三д´)ノ´)ノ)ノ

フン!前回のようにはいかなくってよ(´、ノ`)フフッ

こしゃくな小娘め・・・。 無駄口を叩く暇など与えん!

ぬおおおお! あ~たた。◯゜o°○(`´ )◯。°○゜。たたた… !

ガード (。・д・)ノ||゛;`;:゛;`;:゛`;:`

ファイアー( ゚Д゚)つヽ -=二))

《《0=(゚□゚)=0》》バリアー!

チッ! ( ´_ゝ`)ノ ---===≡≡≡ 卍 シュッ!

━…☆キンッ┣o(・o・ )ガード!!

ニュフフ♪ お前は私の獲物ニャ! いっくぞ~!!

来い!

ヌンチャク/~\o=(・◇・)=o/~\アチョー!

わわ!あっぶな(ーー;)

でぇーーい!

(≡〇`∩´)≡〇(`∩´))ササッ

生意気ニャ!

うっさい! o(・_・)Oパーンチ!&o(・_・θキック

┣o(・ω・。)ガード!!

まだまだ!覚えたての技!! ペガサス流星拳!o(>_<")○‥‥…━━━━━━━━・:*☆)°o°)/

o(*≧□≦)oイターーーッ!!!

(# ゚Д゚) ムッキー

(((^(^(^(^(^▽^)^)^)^)))分身の術

おわ!増えた!?

ニャハハハハハ♪ (^(^▽(^▽(^▽^)▽^)▽^)^)突撃ぃ~!

うわーーー!

え~い!皆でキーーーック!!o(゚ロ゚┌-----θ☆ノ゚ロ゚)ノ

◎☆(♯××)┘イテ~~!!

この~(#゚Д゚) プンスコ! デーンキ ( 。。)〆ショーック!》》》》》》》\(xx)/

シ、シビレル~~~~~~☆

(ハラハラ)

キュ~ン・・・。 (パパ、大丈夫かな・・・・。)

ガウゥ・・・。 (心配だね~・・・。)

ん?クンクン。 この匂いは・・・。 でも、まさか。

ワフーーン!! (パパ!)

え? あ!!

ハァハァ! これじゃ、また当主に・・・。 こうなったら!!

ム!?

ねこみ!どきなさい!!

麻比呂ちゃん?

あ!割り込むなよ!!

うるさい!

こうなったら弱者から潰すまでよ!

弱者じゃねーー・"(>0<)"・

お黙り!

私の得意技!これは今のアンタには防げないわよ♪くらえ!! (ノ゜ロ゜)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

の、呪い~!?

呪術系はまだ早い! 逃げるんじゃ雷樹!!!

そんな事、言われても!

雷樹さん危ない!!

(ドカッ!) わ!

(ノ゜ロ゜)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

ウワーーーー!

パン田!? どうして!

ウゥ・・・! 雷樹さん、平・・・気で・・・すか?

パン田、お前・・・。

よ、よかったヽ(;▽;)ノ (ガク)

パン田!しっかりしろ!!

クゥ~ン!(´;ω;`) (パパ!)

大丈夫、気絶しただけじゃよ・・・。 だが、早く呪いを解かなければな。

俺のせいだ・・・///orz///ズゥゥゥゥン

反省は後じゃ。今はこやつらに天罰を与えるのが先じゃ・・・。お前はそこで見ておれ。

師匠。

あのパンダ!余計な事を・・・。

ぐおおおおおお!

麻比呂ちゃん、この展開って前回と似てるような(ーー;)

嫌な予感がするわ・・・。

吹雪攻撃!ヾ(((・<:+"。*・':゚:*:'゚`。+:"`:*・:+"。*・':゚:*:'゚`。+:"`:;・

(二人) ヾ(叫゚Д゚)ノキャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!

ス、スゲーーー!

フン!他愛もない!!

ハッ!パン田は!?

まあ、そう慌てるでない。

ワフ~(´;ω;`) (おじちゃん)

(ナデナデ) 今、助ける。

()´д`()ゲッソリ・・・

ケアル (*゚◇゚)ノ☆。・:*:.・★,。・:*:.・☆

あ、通茂さん・・・。

これでもう大丈夫じゃろうて。 どうじゃ?

あ、はい!もう平気みたいです。ありがとうございます♪

いやなに、こちらこそ礼を言う。今の雷樹ではくらっていたら、ただでは済まなかったであろう・・・。

いえ、そんな・・・。

ワフ!ヽ(;▽;)ノ (よかった!)

ガウ! (ああ、心配かけたね)

パン田!大丈夫か? 俺、俺(´;ω;`)

雷樹さんが無事でよかったです(´∀`)

パン田o(TヘTo) くぅ 。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

ら、雷樹さん!? 私は無事ですから泣かないで。

俺、もっと修行ガンバル!ナスカや皆を守れるような男になる!! 。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

雷樹さん・・・。 応援してますね(^_^)

うん!うん!(pд`q。)

ワハハハハ! そのいきじゃわい雷樹(^-^)

ところで通茂さん。

どうした?

先程の敵の事なんですが、一つ気になったことがありまして。

というと?

上手く言えないのですが、何やら「匂い」がしたのです。

匂い?

なんと言いますか、人間の匂いに混じって獣の様な匂いがしたんです。

獣?だが奴らは人間じゃ。 どういう事じゃろうか・・・。

・・・不思議ですね。

う~む。

(・_・。)グスン 師匠、獣って?

まあ、そのうち分かるじゃろうて。 それより雷樹、結界やこの場所の事を教えてやろう。

あ、はい!

~(>_<。)\ イタタ これじゃ当主にあわせる顔がないわ・・・。

またお仕置きされるニャ~(´_`。)グスン

前回よりもっと酷いお仕置きだわね(●´・△・`)はぁ~

///orz///ズゥゥゥゥン

B
e
f
p
q
r
s
K
O
Keyboard Shortcuts
  • J Next page
  • K Previous page
  • [ First page
  • ] Last page
  • E Enable/disable bubble animation
  • 0 Manual page turning
  • 1 Slow page turning
  • 2 Normal page turning
  • 3 Fast page turning
  • P Start/stop auto page turning
  • ? Show keyboard shortcuts
Play Again
More Stories
Posted at 2012/11/05 21:56 Viewed 5 times

From Author

少年はある日、その少女と出会う。そして世界は動き出す・・・。   ※文才というかこういうの初めてなので、更新、遅いかもだけど観てやってください!

Comments

Login to Write your comment
転生少女の履歴書 7 (ヒーロー文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14 (GA文庫) この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)